本文の開始

奨学金留学 - 学費や生活費&留学費用節約方法 留学開始前に発生する全費用

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 学費や生活費&留学費用節約方法 > 留学開始前に発生する全費用

留学開始前に発生する全費用

留学に関連する費用について考える際、留学開始後の費用に意識が向いてしまいがちですが、実際には留学前の段階から費用が発生しています。日本の大学に進学する際、実際には大学に入学する前から私立中学・高校、塾・予備校などのために大変な教育費が発生しているのと同じことです。以下、留学開始前に発生する費用を一覧にしてご紹介します。

手続きサポート費用 100,000円(税抜)

当奨学金留学プログラムに参加するための手続きサポート費用です。広告費をほぼ全くかけない方針のため、他のエージェントでは考えられないほどの格安安心サポートです。

プログラム出願費455,000円(海外銀行送金手数料7,000円を含む)

当奨学金留学プログラムに参加して参加大学から奨学金のオファーを受けるために必要となる費用です。当プログラム運営団体が各大学と交渉して最大限の奨学金を引き出し、世界中の学生が最大限の奨学金を受けてアメリカの大学に進学するための橋渡しをするために発生します。

事前英語研修費370,000~380,000円(税抜)

留学する前から英語力や自己学習能力を最大限伸ばすために受講する英語研修にかかる費用です。

エッセイ作成指導料30,000 円(税込)

利用は必須ではありませんが、エッセイ作成指導をしている業者をご紹介しています。エッセイ作成は想像以上に大変と感じる方が多いため、少なくとも英語のネイティブ話者や英語講師などに添削してもらうことを強く推奨します。

英文推薦状翻訳料推薦者1名、推薦状1通につき 27,000 円(税込)

英文推薦状は英語の先生に書いてもらったり、英語の先生の助けを借りながら担任の先生や部活の顧問の先生に書いてもらうことが一般的ですが、日本語で書いてもらう場合には英文に直す翻訳サービスの利用も可能です。

出願費(Application Fee)US$0-100

日本の大学に出願する場合と異なり、アメリカの大学への出願料は安いです。留学生の場合は少し高めに設定されていることもありますが、ほとんどの場合はUS$50前後で、中には出願料を無料としている大学もあります。

予防接種2~3万円(母子手帳がない場合は5万円程度)

アメリカの4年制大学に留学する場合、なんらかの予防接種が義務付けられていることがほとんどです。大学によって要求する予防接種の種類は異なりますが、予防接種費用やその証明書発行費用を含めると2~3万円程度となることが一般的です。

学生ビザ申請費US$360ほど

アメリカ留学するために必要な学生ビザ(F-1)を取得するために必要な費用です。

留学保険料US$500~2,000

アメリカの大学のほとんどが、留学生に対して大学が用意する医療保険への加入を義務付けています。また、自前で保険プランを用意していない大学も、留学保険に加入してから渡米することを義務付けています。大学の保険プランに入ることを義務付けられている学生でも、大学の保険プランではカバー内容が不十分だと考える多くの方が、追加で日本の留学保険に加入した上で留学しています。

渡航費US$1000-2000空港に行くまでの費用、空港から大学までの費用を含む

アメリカ留学する際には、家から空港に向かう際の費用や、留学先空港から大学に到着するまでの費用も発生しますが、主な費用は航空券代となります。航空券代は早めに購入した方が費用を抑えられることがほとんどです。

留学開始前に発生する費用合計見積もり

約80~140万円

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了