本文の開始

夏休み期間中に発生する費用

人によって全く異なるため、大学が公表する費用見積もりには含まれていないものの、しばしば大きな費用となるのが夏休み期間中の費用です。夏休み期間中に発生する費用の変動要因には、以下があります。

どこに住むのか?

大学寮に引き続き滞在する場合は、その分の追加費用が発生します。友人の家に滞在させてもらえる場合には、無料あるいは格安での滞在ができることが一般的です。日本の実家に戻る場合は、実家での家賃はかからないものの、日本とアメリカの往復航空券などでまとまった費用が発生します。

夏学期は履修するのか?

多くの大学が夏学期を開講しており履修可能です。追加費用はかかりますが、その分多く単位を取得できるため留学総費用と総期間を節約することができます。在籍している大学に夏学期がない場合は、他の大学の夏学期を通学制あるいはオンライン制で履修することもできます。この間にさらに交換留学プログラムを利用して海外の大学の夏学期を履修することも可能です。

アルバイトはするのか?

アルバイト

夏休み期間中はアメリカの大学でも最大で週40時間の学内アルバイトが可能です(秋学期・春学期中は最大で週20時間)。ただ、夏休み期間中は学生数も少ないので、バイト先は少ないかもしれません。ドル高円安のときにはおすすめです。夏休み期間中に日本に戻ってバイトをすることはもちろん可能です。

日本に戻るのか?

日本に戻ることで航空券代が発生します。

夏休み中に発生する費用として、夏学期履修費用・家賃・食費・交通費などを含めた合計費用は$600〜10,000となり、人によって全く異なります。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了