本文の開始

留学HOME > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 大学単位認定試験とCLEPについて

大学単位認定試験とは

大学単位認定試験

大学単位認定試験とは、特定科目の試験を受け、一定以上のスコアを取得した場合にその成果が大学単位として認定され、在籍大学に単位移行をしてもらうことができる試験です。大学単位認定試験は日本ではなじみがありませんが、すでに持っている知識を使って試験を受け、大学単位として認めてもらえることで、本来大学で授業を履修する分の費用を節約できる、大学でのコース履修に本来かかる時間を節約できる、より早く卒業できるなど、多くのメリットがあるため、アメリカでは広く利用されています。

大学単位認定試験を利用する主なメリットには、以下があります。

  • すでに持っている知識(独学・仕事経験・文化体験等で得た知識)を大学単位として認定してもらえる
  • 卒業までにかかる期間を短縮できる
  • 卒業までにかかる費用を抑えられる
  • 自習が得意な人は効率的に単位を取得できる
  • 出願先大学への合格可能性を上げられる
  • 大学の授業について行くためのよい準備になる

大学単位認定試験には実施団体がいくつもあり、それぞれ異なる背景から発展してきましたが、試験の結果によって大学単位を認定するという点においては共通しています。主な大学単位認定試験には、以下があります。

CLEP(College Level Examination Program)

CLEPは、アメリカで最もメジャーな大学単位認定試験です。受験者数や受け入れ大学数、試験開催地数などでNo.1の大学単位認定試験です。ホームスクーリングの学生等の学力を測定するために発展してきました。

DSST(DANTES Subject Standardized Tests)

DSSTは、CLEPに次ぐ規模の大学単位認定試験で、上級生向けの試験も実施しているなど、CLEPで実施されていない試験を補う存在として広く利用されています。アメリカ軍の兵隊が、基地で働きながら大学を卒業できるためのサポートをする目的で発展してきました。

UExcel(UExcel Excelsior College Examination Program)

UExcelは、CLEPやDSSTほどの知名度はありませんが、Excelsior Collegeという大学が認定する大学単位認定試験です。Excelsior Collegeに通う学生の単位認定をする目的で発展してきました。

AP(Advanced Placement exams)

APは、APコースを履修してきたアメリカの高校生が、卒業する5月頃に受験する試験です。アメリカの高校で大学レベルの学習内容を学ぶAPコースで学んできた高校生の学習成果を、大学単位として認定する試験です。アメリカの優秀な高校生が、大学の初級者向けコースの履修をスキップすることでより早く卒業できるように発展してきました。


この中でも、最も広く利用されており、留学生でも受験がしやすいCLEPを利用されることがおすすめです。

 - CLEP DSST
運営団体 College Board Prometric
試験特徴 下級生向け 下級生向け/
上級生向け
実施試験数 33 34
試験当たり認定単位数 3〜12単位 3単位
試験時間 90〜120分 90〜120分
費用 $80 $80
認定大学数 2900 1900
受験会場数 1800 1200
日本での受験会場 テンプル大学 CAS
試験タイプ 多肢選択式 多肢選択式
スコア範囲 20〜80 20〜80/
200〜500
受験可能日 年中 年中
スコア発表日 試験直後 試験直後
大学へのスコア送付所要日数 7〜10営業日 3〜4週間
再試験待機期間 3ヶ月 90日

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了