本文の開始

留学HOME > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 信用評価機関とWESについて

信用評価(Credential Evaluation)とは

留学生

アメリカ合衆国は、世界最大の海外留学生受入国として、毎年世界中からアメリカの大学に留学して来る留学生を受け入れています。そして特に近年激増してきたのが、新興国からの留学生です。留学生が増えること自体は結構なことですが、偽造・捏造した卒業証明書や成績証明書を出願書類として提出して合格・入学し、優秀なはずの留学生が入学後に惨憺たる学業成績や生活態度で卒業、あるいは中途退学していくことが大きな問題となってきました。また、留学生の出身国や出身校等によって、学生が受ける教育内容や成績の判定方法は大きく異なります。これまで各大学は独自に各学生の各書類を判定してきたのですが、各大学の各スタッフによって評価基準がばらばらで、優秀な学生であるにも関わらず不合格としてしまったり、逆に本来は到底合格基準を満たさない学生を受け入れてしまうとった弊害が発生していました。

そこで、近年一般的となったのが、信用評価機関(Credential Evaluator)です。

信用評価機関は、海外の卒業証明書や成績証明書を審査し、本物の証明書であることを証明したり、成績証明書の内容をアメリカ流の成績に換算し直してくれる機関です。アメリカ政府が直接信用評価サービスを提供しているわけではないため、各信用評価機関は民間団体となります。信用評価機関での判定結果は、全米の大学やライセンス授与機関、政府機関、一般企業などに広く受け入れられています。

WES(World Education Services)とは

信用評価機関

アメリカには多数の信用評価機関がありますが、実績豊富な信用評価機関は数えるほどしかありません。その中でも、北米最大手で圧倒的な実績を誇るのが、WES(World Education Services。ウェス・ウェズなどと呼ばれます)です。WESは、北米で最大規模かつもっとも歴史の長い非営利の信用評価機関であり、毎年10万人以上の学生に対して信用評価サービスを提供しています。1974年に創立されたWESは、世界37カ国出身で40カ国語以上を操る多国籍なスタッフを抱え、これまでに世界中の100万人以上に対して信用評価サービスを提供してきました。WESの信用評価は、2500以上もの大学や企業、ライセンス授与機関、政府機関に認められています。アメリカの大学の全てがWESの信用評価を認めているわけではないので、希望の大学がWESの信用評価を認めているかどうかは事前に確認していただくべきですが、ほとんどのアメリカの大学がWESの信用評価を認めていますので、信用評価が必要な方のほとんどは、WESを利用することになるでしょう。当アメリカ大学奨学金留学プログラムに参加している大学でも、WESの換算結果を必須とする大学も少なくありませんし、日本の大学に在籍した経験のある人は、ほぼ全員がWESを利用することになります。

WES主な利用者

利用者

WESを利用することになる人は、主に以下のような方です。

  • 出願先大学からWES等信用評価機関に高校・大学の成績換算を要求された人
  • アメリカの大学に進学したいが、過去の学業成績が芳しくない人
  • 日本の大学などからアメリカの大学に編入する人
  • 日本の大学などを卒業後にアメリカの大学院に進学する人
  • ライセンス授与機関にライセンス申請をする人
  • アメリカの企業で働くことを希望する人
  • アメリカへの移民を希望する人

WESのメリット

他にも多くの信用評価機関がある中で、WESによる信用評価には特に以下のメリットがあります。

  • もっとも多くの大学に認められている
  • 日本流のGPA(評定平均)換算よりもGPAがアップすることが多い
  • 信用評価の手続きが最速(WESでは平均7営業日。他の信用評価機関では通常20〜30日)
メリット

例えば、法政大学の学生が日本流のGPA換算だとGPA1.9だったところ、WESに通した結果GPA3.6に跳ね上がったこともあります。大学によってWESの換算結果をどの程度評価するかは大きく異なりますが、ほとんどの場合、WESのGPAが考慮の対象となりますので、出願した大学への合格可能性が上がったり、受給できる奨学金が増額される可能性があります。すでに完璧な成績をお持ちの方は、WESで成績アップする余地が少ないためメリットは少なくなりますが、成績がそれほど芳しくないような人は、まずWES換算を利用してみるとよいかもしれません。

一方で、WESには以下のデメリットがあります。

  • 手続きが多少面倒
  • 英語の公式サイトからしか申請できない
  • 連絡が遅い、あるいは連絡が来ない
  • それなりの費用が発生する(他の信用評価機関と大差はありません)
  • GPAはWES換算の方が上がることが大半だが、上がらないこともある
  • 全ての大学がWESの換算結果を受け入れているわけではなく、どの程度WESを重視するかも各大学でまちまち

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了