本文の開始

アメリカ大学進学の費用工面方法

アメリカ人学生の費用工面方法

費用工面方法

世界最高水準の大学教育なだけあって、それなりの費用でもあるアメリカの大学教育ですが、アメリカ人学生はどのようにして費用の支払いを工面しているのでしょうか。アメリカ人学生が受給しているAIDの内訳は以下の通りです。グラント(Grant)は奨学金と同義と捉えていただいてもそれほどずれは生じません。ローンは卒業後にでも返済する教育ローンのことです。

  • 合衆国政府グラント(25%)
  • 合衆国政府ローン(34%)
  • 合衆国政府ワークスタディ(1%未満)
  • 税控除(8%)
  • 州政府グラント(5%)
  • 教育機関グラント(21%)
  • 民営機関・企業グラント(6%)
  • 民間ローン

アメリカ人学生の卒業時平均借金総額(1人当たり)

アメリカでは保護者が大学費用を支払うことは日本ほど一般的ではなく、学生本人が借金を背負って大学に進学することが一般的です。アメリカの学生は卒業時にどれほどの借金を背負っているのでしょうか。

アメリカ大学卒業者平均累積借金額

参照:"Cumulative Debt of Bachelor’s Degree Recipients at Four-Year Institutions over Time" College Board、2015年11月5日データ抽出

私立大学は州立大学よりも費用が高いと考えられがちですが、実際には州立大学へは安く通える現地のアメリカ人学生ですら、私立大学に通う場合と借金額がそれほど大差ないことがわかります。留学生の場合は州立大学に安く通うことができませんので、私立大学に通った方が実は安くなるという逆転現象が起こっているケースが多いです。

留学生が取れるアプローチ

アメリカ人学生の大学費用の支払い工面方法を見てきましたが、日本人留学生として取れるアプローチには何があるでしょうか。主に以下のアプローチを取ることができます。

教育機関グラント

進学する大学から奨学金をもらうパターンです。当奨学金留学プログラムは参加している各大学と連携し、最大限の奨学金を引き出すことで、とてつもないコストパフォーマンスを実現しています。

民営機関/企業グラント

奨学金

民間の機関や企業から奨学金をもらうパターンです。アメリカの大学の学部課程に進学する場合は企業からの資金援助を期待することは難しいですが、民間の奨学金運営団体からもらうことは可能です。教育機関からの奨学金と、民間機関からの奨学金を両方もらうことができれば、留学費用をゼロに近い状態に抑えることも可能です。

公的ローン

日本学生支援機構や日本政策金融公庫といった公的組織から教育ローンを借りる方法です。

民間ローン

銀行など民間団体から教育ローンを借りる方法です。

親戚から借りる

親戚から留学資金を借りる方法です。親戚との話し合いによって利子が決まりますし、利子不要で貸してくれる可能性もありますので、教育ローンなどと異なりリスクが低いです。いわゆる出世払いです。

賢い資金調達をすることで、留学生ならではの賢い留学をしましょう。

留学費用を節約する方法

ある程度余裕のある留学資金を準備することも重要ですが、留学総費用を節約する様々な方法がありますので、活用していきましょう。以下、様々な節約テクニックを簡潔にご紹介します。

もっとも費用の安い大学に進学

節約

どの大学でも授業料がほぼ一定である日本と異なり、アメリカでは大学によって費用が大きく異なりますので、アメリカ人学生も予算に応じて大学を選んでいます。単位認定制度が発達したアメリカではどの大学であっても授業の内容・カリキュラム・難易度などはほとんど変わりませんので、安い大学に進学することも1つの手です。無理に高い大学に進学することは、長期的なキャリアを考慮すると必ずしもおすすめできるものではありません。

日本の他の奨学金制度を活用する

当奨学金留学プログラムで大学から奨学金を獲得し、さらに他の奨学金制度から奨学金を獲得することは可能です。複数の奨学金をもらってよりゆとりのある大学留学を実現しましょう。

英語を克服した上で留学を開始する

日本人学生の大半はESL課程を経由した上で学部課程に入っていきます。ESL課程に在籍する間の費用はロスですので、日本にいる間に英語力を克服しておきましょう。奨学金留学プログラムでは事前英語研修を通して留学予定者がもっとも短期間で効率のよい英語力向上を実現できるようサポートしています。

計画性のある単位履修をする

いかに勉強が得意な人でも、非効率的な単位履修をしていると、卒業までに余計な時間と費用がかかります。

早く卒業できる専攻を選ぶ

学ぶ専攻によって要求される単位数が大きく異なりますので、早く卒業できる専攻を選ぶとよいでしょう。一方で、卒業までに時間がかかる経営学や工学などの専攻は、就職や収入等にも有利に働きますので、予算や希望に応じて判断すればよいでしょう。

単位を取りまくる

アメリカの大学は単位制ですので、卒業に必要な単位を取り終わり次第卒業となります。年中最大限の単位を取得し、最短で卒業しましょう。早ければ2.5年程度で卒業できます。

CLEPを活用する

CLEPとは大学単位認定試験のことです。CLEPが用意している各試験に合格することで、約1年分の単位を留学開始前に取得することができますので、その分早く大学を卒業することができます。CLEPの詳細についてはこちらをご覧ください。

学内バイトをする

アメリカでも大学内でアルバイトをすることは可能です。カフェテリアや図書館、チュータリングセンターなど、留学生でも働ける場所はあります。円安ドル高のときには特に有効です。

スポーツ奨学金を受ける

スポーツ奨学金

スポーツが得意な人は、ぜひ大学アスレチックチームに入ってスポーツ奨学金を狙いましょう。アメリカではスポーツはシーズン制ですから、特定のスポーツに特化して練習をしている学生はほとんどいません。一方日本ではあるスポーツに年中特化して練習をしていることが一般的ですので、アメリカの大学で活躍できる可能性は十分にあります。華々しい活躍ができれば留学費用のほとんどを奨学金でカバーされる可能性もあります。当奨学金留学プログラムではスポーツ奨学金プログラムを併設しており、世界的に人気を博しています。

就職活動は短期で決める

就職活動においても一定の費用がかかります。長い間就職活動をしているとその分費用がかかりますので、短期で決められるように早めに動いて準備しましょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了