本文の開始

アメリカ大学奨学金留学 - 経済学 社会科学系専攻紹介

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ大学専攻一覧 > 社会科学系専攻紹介 > 経済学(Economics)

経済学(Economics)

経済に関連する諸問題を分析する学問

経済学

経済学は、物価のインフレーション、非雇用率、独占、経済成長などといった経済に関連する諸問題を分析するためのフレームワークを学んでいく専攻です。国の税制、エネルギー戦略、年金制度、国際貿易、健康保険、インフレなど、実社会に直接関連するトピックを学んでいきます。経済学は経済に関わる専門である一方で、人文科学や社会科学全般に関連しているため、経済学として掘り下げられる学問分野は非常に広大です。現在ではノーベル経済学賞までもが、社会科学全般の業績を評価して経済学賞として表彰しています。一般に学習難易度が最も高い専攻の1つと考えられており、専攻に入るために厳しい条件を設定している大学が多いです。経済学専攻を経済学部として独立させている大学もあれば、社会科学部の一部になっているところもあります。大学によってはビジネス学部の一部となっており、この場合は通常ビジネス学部に所属する専攻に共通して要求されているビジネス系の単位を多数履修する必要があります。経済学はビジネス社会全般に使える汎用性の高い知識・スキルを提供しているため、経済学専攻を修了した学生は就職率や収入の面で非常に恵まれています。

向いている人

  • 経済新聞を読むのが好きな人
  • 富、貧困、差別、世界経済のトレンドなどに興味ある人
  • 数字に強い人
  • 細かいことに注意できる人
  • 論理的思考ができる人
  • 数学が得意な人

大学選択の視点

  • BA(Bachelor of Arts)か、BS(Bachelor of Science)か?
  • 専攻に入るための要件はあるか?

よくあるキャリア

  • 経済学者
  • 経済コンサルタント
  • 投資バンカー
  • 市場アナリスト
  • 金融アナリスト
  • 数学者
  • ニュースリポーター

典型的なカリキュラム

【必要な単位数目安】

30~50単位

【必修科目】
  • 微積分学(Calculus)
  • 統計学(Statistics)
  • 経済学(Economics)
  • ミクロ経済学(Microeconomics)
  • マクロ経済学(Macroeconomics)
  • 計量経済学(Econometrics)
【選択科目】
  • 環境経済学(Environmental Economics)
  • 国際経済学(International Economics)
  • ビジネス法(Business Law)
  • 政府経済学(Public Sector Economics)
  • 経済理論(Economic Theory)
  • 応用経済学(Applied Economics)

卒業生の非雇用率・平均収入(アメリカ)

4.4% $83,000

(ジョージタウン公共政策研究所"Hard Times to Better Times 2015 College Majors, Unemployment and Earnings")

当奨学金留学プログラムでのオファー数

多い

似ている他の専攻

  • 農業経済学(Agricultural Economics)
  • 経営学(Business Administration and Management)
  • 会計学(Accounting)
  • 応用数学(Applied Mathematics)
  • ファイナンス(Finance)
  • 心理学(Psychology)
  • 起業家精神/アントレプレナーシップ(Entrepreneurial Studies)
  • 統計学(Statistics)
  • 国際ビジネス(International Business)
  • 国際関係学(International Relations)

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了