本文の開始

FAQ 奨学金プログラムと英語力について

英語力がなくても応募可能ですか?

応募は可能です。

ただし入学までに規定の英語力をつけることは必須です。万が一入学までに英語力が足りない場合は、大学付属の英語学校からのスタートになってしまい最低半年〜1年は滞在期間が延びてしまうため金額的な負担が大きくなります。(※ただしその場合も奨学金が支給されるケースが多い)留学を成功させるためにも、出発までに極力英語力を上げる努力が必要です。

平均してどのくらいの英語力が必要ですか?

アメリカの大学に出願する時にはTOEFLまたはIELTSという英語試験のスコア提出が求められます。大学によって要求するスコアは異なりますが、ESL(英語を母国語としていない外国人に英語を教える語学教育施設)が充実していない大学はTOEFL iBT79点またはIELTS6.0〜6.5を条件付けることが多いようです。豪州、カナダ、英国などの大学でも TOEFL iBT79点またはIELTS6.0〜6.5以上を要求していることを考えると、海外の大学で学ぶために必要なスコアはTOEFL iBT79点またはIELTS6.0〜6.5以上と考えてよいでしょう。

TOEFLではなくIELTSのスコアでも大丈夫ですか?

大丈夫です。現在ではアメリカの大学のほとんどがIELTSのスコアを受け入れており、当奨学金プログラムでもIELTS6.5をTOEFL IBT79の代わりとして受け入れています。

英検、TOEIC、TOEFL ITP等のスコアは使えますか?

使えません。

TOEFL・IELTSのスコアが取れるまで入学の延期はできますか?

できます。ただし、入学時期の延期の度に変更手数料10,800円(税込)が発生します。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了