本文の開始

アメリカ大学奨学金留学 - アメリカの大学種類

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ大学教育の特徴とカリキュラム > アメリカの大学種類

アメリカの大学種類

アメリカの大学種類をご紹介します。アメリカの大学は、コミュニティカレッジ、リベラルアーツカレッジ、総合大学、専門単科大学という、主に4つのカテゴリーに分けられます。

コミュニティカレッジ

コミュニティカレッジ

コミュニティカレッジ(コミカレ)は、カレッジ周辺に住む現地住民が気軽に通えるように運営されている、2年制の州立カレッジです。手に職を付けるための職業訓練コースと、4年制大学に編入するための編入コースという、主に2つのコースを開講しています。一般的に現地アメリカ人学生は職業訓練コースで学んでいることが多いですが、日本人学生の場合は編入コースに入って4年制大学への編入を狙う人が多いです。4年制大学に入れるほどの学力がない学生でも、最低限の教育を受けられるように位置付けられた学校ですので、Open Admissionsポリシーを採用しており、必要書類さえ提出できる人なら100%合格することができます。留学生の場合は州外学生費用を請求されるため費用は高いのですが、現地学生にとっては州内学生費用でタダのような感覚で学べるため、気軽に履修する学生が多く、ドロップアウト率が極めて高く、卒業率は極めて低いです。基本的に最低限の教育を行っているため、コミカレを比較するランキングなども存在しませんが、州によって費用や教育の質に差があります。例えば、ワシントン州のコミカレは費用が高いものの質が高く、カリフォルニア州のコミカレは費用が安めだが教育の質は低くなっています。州によっては、その州のコミカレを出ると、その州の州立大学に優先して入れるというシステムがあります。例えばカリフォルニア州では、州内の各州立大学がコミカレからの編入生を一定数受け入れることが義務付けられており、カリフォルニア州内のコミカレを修了した学生は、全員がカリフォルニア大学やカリフォルニア州立大学のいずれかのキャンパスに入ることができます。4年制大学の場合は一般的に入学難易度が高いため、日本では成績が芳しくなかった学生が、それでもアメリカの大学に行ってみたいという場合の最後の切り札として、コミカレを使うことになるでしょう。学力格差がとてつもないアメリカの中でも、勉強がとりわけできない学生がコミカレに集まっていますので、まじめな日本人学生の目には劣悪な学習環境に映ることも多く、身の危険を感じるような危なっかしい学生も来ていることが多いのも事実です。一般的には、コミカレでは早く良い成績を取り、一刻も早く4年制大学に移るのが懸命なコミカレの使い道と言えるでしょう。

リベラルアーツカレッジ

リベラルアーツカレッジは、教養教育・学士課程に重点を置いた、アメリカの伝統的スタイルの大学です。ハーバード大学など名門私立大学も、ほとんどはリベラルアーツカレッジ出身です。自然豊かな田舎に広大なキャンパスを構え、基本的に寮制でアメリカ人学生も含めみんなが学内の寮で生活しています。大学の規模は意図的に制限しており、そのために入学難易度も一般に高く、将来のリーダー候補を養成するべく1クラス10~20人程度の極めて少人数な教育を行っています。少人数教育かつ寮制のため、学生や教授、学校スタッフなどの間の距離感が非常に近く、家族に近いような感覚で毎日を一緒に過ごし、一緒に勉強し、いつでも教授に直接教えてもらい、1日24時間学べる密度濃い学習環境を提供しています。教授は研究をしておらず、教育に専念しているため、概して教育の質も非常に高くなっています。総合大学と異なり、教授のアシスタントによる授業は基本的にありません。リベラルアーツカレッジは教養教育を重視しており、専門教育に関しては他の大学の大学院で受ければよいという考え方があるため、本格的なリベラルアーツカレッジほど大学院進学率が高くなっています。一般的にエリート教育をしているため、教育や教育サポートの質が高い分、授業料は高くなっていますが、当アメリカ大学奨学金留学プログラムの場合は、留学生向けの潤沢な奨学金を受けられるため、費用は逆に格安となっています。ほとんどのリベラルアーツカレッジは私立大学ですが、ごく一部の州立リベラルアーツカレッジも存在しています。

総合大学

総合大学

総合大学とは、基本的に研究を第一目的として、研究者を輩出する目的で様々な専門分野の教育をしている大学です。アメリカの大学はリベラルアーツカレッジとしてスタートしたため、総合大学もその伝統を汲んではいますが、研究重視のため予算などの資源も研究に重点を置いて配置しており、教育自体は二義的な目的となっています。総合大学では研究者になるための勉強をする研究型教育と、一般企業などに就職して活躍するためのプロフェッショナル教育という、2つの教育を行っています。総合大学は研究を目的としているため、研究施設を充実させていることが多く、様々な専門分野における専攻やプログラムを開講し、修士号や博士号取得プログラムまで設けています。総合大学の研究者は、優秀な研究者ほど研究で忙しいため、代わりに博士課程に在籍しているようなアシスタントに授業を受け持たせていることが多いです。総合大学で研究している博士課程の在籍学生は、教授の代わりに授業をしてアシスタントシップという名の給料をもらうことで、ほとんど無料の感覚で博士課程での勉強・研究をすることができています。学部教育よりも大学院教育に強みがあるため、リベラルアーツカレッジや州立教育型大学などの他大学から、総合大学の大学院に入学してくる人が非常に多くなっています。私立の総合大学と州立の総合大学とでは、教育内容に差があることが一般的で、私立総合大学はリベラルアーツ教育を重んじる教育を行い、州立総合大学では就職に直結しやすい専門教育を重んじる教育を行っていることが多いです。

専門単科大学

専門単科大学は、専門的分野のみ教育や研究を行っている大学です。総合大学の1学部を切り出して大学となったようなイメージで捉えるとよいでしょう。一分野に特化している分、その分野の充実した教育を受けたい人によいでしょう。ビジネス専門大学や、芸術専門大学などがあります。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了