本文の開始

アメリカ大学奨学金留学 - 私立大学と州立大学

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 私立大学と州立大学

私立大学と州立大学

私立大学

私立大学

日本を含め、多くの先進国では公立大学の方が私立大学よりも名声があることが多いのですが、アメリカは違います。アメリカは、私立大学の方が長い歴史があり、州立大学のような地元向けの大学と異なり、世界に視野を広げた名門大学が多くなっています。私立大学は州立大学と異なり州や国からの財政的支援はありませんが、アメリカには献金をしやすい文化や社会システムが確立されているため、私立大学は毎年多額の献金を受け、それを運用することで富を増やし、州立大学を凌駕する名声を築いている私立大学が無数に存在します。私立大学は州立大学と異なり小規模大学であることが多く、受け入れる学生数を制限し、入学難易度が高い分小規模で密度の濃い、良質な教育を行っています。教育水準が高い分、授業料は高くなっていますが、寄付金の運用収入もあるため奨学金として学生に還元される金額も多いです。入学審査は高校での学業成績に限らず、様々な書類を提出させ、総合的に学生を判断しようとする大学が多いです。もともと少人数制のエリート教育を行う私立大学が多く、優秀な学生が入学してくるため、就職に直結する職業訓練教育よりも、コミュニケーション能力や人間性などの本質的な能力自体を底上げする全人教育に重点を置いていることが一般的です。私立大学の多くは、スポンサーとしてキリスト教の特定の宗派などと関係を持っていますが、宗教色の強い大学はわずかで、ほとんどの私立大学はご自身の宗教が何であれ入学し、普通の大学生活を送ることができます。

州立大学

州立大学

州立大学は、私立大学と異なり現地州内の学生に広く大学教育を与えることを使命として運営されている大学です。州の予算で運営されているため、州内の住民は州内学生費用で学ぶことができますが、留学生を含む州外学生は州の予算によるサポートを受けられないため、州外学生費用を払う必要があります。私立大学のようなエリート向けの大学とは学生のターゲットが異なり、私立大学に入れるほどの資金や学力がない人にも、大学教育を与える目的で運営されているため、ほとんどの州立大学は入学難易度が低くなっています。入学難易度を抑え、なるべく多くの学生に大学教育を与えようとするために、ほとんどの州立大学は1万人以上の学生数を抱える大規模大学となっています。多くの学生を受け入れる一方で、州の予算は限られているため教育水準や教育サポートの水準は私立大学よりも低い大学が大半です。大規模クラスを実施しており私立大学のようなリベラルアーツ教育を行う余裕がないため、知識を伝達する知識重視の教育内容になっていることが一般的です。良い教育を受けたいが私立大学に進学する金銭的余裕がない人や、別に良い教育を受けたいと思っていない一般庶民が入学しています。

州立大学の中でも主に3つの種類があります。1つは州立研究型大学、2つ目は州立教育型大学、最後は州立コミュニティカレッジです。例えば、カリフォルニア州の場合ですと、カリフォルニア大学、カリフォルニア州立大学、カリフォルニア州立コミュニティカレッジが、各カテゴリーに当たります。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了