本文の開始

グローバルスタディ アメリカ大学奨学金留学体験談 - リンデンウッド大学

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム 体験談

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 体験談一覧 > リンデンウッド大学

アメリカ大学奨学金留学体験談(ミズーリ州)

リンデンウッド大学(Lindenwood University)

色々な人に会ったり、好きな分野を勉強するのはやっぱり楽しい

アメリカ大学奨学金留学プログラム

留学の選択

(1)なぜ、日本ではなくアメリカの大学を選びましたか?

アメリカは返済不要の奨学金制度がしっかり整っているし、なにより自分が好きな分野を勉強しているうちに英語の勉強にもなるというのが一石二鳥だと思い留学に決めました。また、色々な人種が集まるアメリカならではの文化の中で勉強できるという事も魅力的でした。

(2)大学留学前に不安や心配だったことはありますか?今も同じ不安や心配は続いてますか?

宿題がとにかく多いとは聞いていたのでそれは心配でした。やっぱり思ってた以上に大変だなって時もよくありましたが、計画を立てて取り組むようにしていたので、ギリギリにはよくなっても提出が遅れて減点とかいうことは無かったです。

グラフィックデザインの勉強について

(3)グラフィックデザインを専攻しようと思った理由、きっかけは何でしょう?

もともとアート専攻にはしようとは決めていましたが、グラフィックは本格的な(絵画的な)美術専攻よりも気軽にできる感じがしたし、なにより卒業後を考えた時にグラフィックのプログラムが使えると有利かなと思い決めました。

(4)ちなみに、留学前からパソコンが得意でしたか?(Macは使ってた?)

Macは家に一台あるので使ってましたが、そんなに詳しくはなかったです。

(5)パソコンにあまり慣れていなくてもグラフィックデザインを専攻できると思いますか?

出来ると思います。実際私は授業を受けるまでグラフィックのプログラムを全然使った事がありませんでした。 周りも大学からグラフィックを始める人ばかりだったので安心だったし、教授も丁寧に教えてくれました。

(6)さて、1週間の授業内容を教えてください。

私の大学のアート系のクラスは週2回の1時間50分授業です。良くあるのは週の最初のクラスで前回の課題のプレゼンテーションやディスカッションをし、その後レクチャーがあり、新しい課題が出されます。次の授業は各自課題に取り組む時間になっています。

(7)グラフィックデザインの課題はどのようなものですか?

その時に授業で使っているプログラム(例えばアドビのフォトショップなど)とその週に習ったテクニックを使っての課題が出されます。大抵テーマが出されるので(好きな動物の絵、など)それに沿って作品を作ります。実際大学で行われるイベントのポスターやロゴをつくる時もあります。

大学での勉強全般

(8)授業についていくための予習や課題に、一日どのくらいの時間を使ってますか?

体験談

アート専攻の私はあまり予習する必要は無いのですが、一般教養でとってるクラスの前には教科書を読んだりインターネットで調べたりを3?40分します。課題は内容によってかかる時間がまちまちですが、平均すると一日2時間前後くらいかなと思います。もちろん大きなエッセイとかグラフィックの課題が出てるときは一日中部屋にこもってやったりもします。

(9)アメリカの授業についていけるかどうか心配される方は多いです。何かアドバイスはありますか?

とにかく授業に集中して、しっかりノートを取ることが大事です。分からない事があれば教授やクラスメイトに聞いたり、教科書を読み返したり、インターネットで調べたりして、分かって納得するまでしっかり勉強すれば、大丈夫だと思います。後は提出物を期限を守ってちゃんと出すことだと思います。

(10)ずばり、大学での勉強は楽しいですか?Yes⇒なぜ楽しいと思いますか?

楽しいです。もちろん課題が多くて忙しいし、文化も違うし、楽しいことばかりではないけど、色々な人に会ったり、好きな分野を勉強するのはやっぱり楽しいです。

大学生活

(11)寮生活での良かったこと、困ったことがあれば教えてください。

リンデンウッド大学

寮はまず大学のメインの建物まで歩いてすぐなのですごく便利でした。知り合いというか顔見知りも増えるし。ただ違う国の人と共同生活をするので文化の違いでちょっと悩んだりするときはやっぱりありました。また、キッチンがないので自炊できないのがちょっと不便でした。

(12)休日はどのようなことをしていますか?

課題がたくさんある時は部屋や図書館で課題をやって週末が終わる時もありました。忙しくない日は映画や買い物に行ったり、近くのコーヒーショップまで歩いて行ったり、外に食べに行ったりしました。後は奨学金を受ける条件の一つで大学内で働くというのがあってそれをやったりもしました。

(13)大学で、勉強以外に取り組んでいること、または取り組んでみたいことがあれば教えてください。

年に何回かアート専攻なら誰でも出せる絵の展示会があるので、そういうことには積極的にやってみたいと思ってます。あともう実際にやっていたのは、大学周辺の地域に住んでる子供たちを週一で集めて遊ぶ、というプログラムのボランティアをしていました。そのプログラムでキャンプをやった時はおりがみの先生として子供におりがみを教えました。

(14)多くの友達ができたと思いますが、どのような国の友人がいますか?また、友達をつくるコツを教えてください。

アジア各国、ヨーロッパ、南米、アフリカなど。うちの大学はとにかくいろいろな国から留学生が来ています。留学生と友達になるのは、お互い同じ境遇なので、比較的簡単だと思います。最初のオリエンテーションなどで積極的に話しかけるのが大事だと思います。

その他の質問

(15)アメリカの大学に入って1年経ちましたが、留学する前と、留学した今の自分を比べて、ここが一番変わった、成長したと感じる部分は何ですか?

一年前に比べるとだいぶ度胸はついたかなと思います。特に英語で人と話すのが以前はかなり苦手で結構人任せにしてることもありましたが、大学では自分でどうにかしなきゃどうにもならないことばかりなので最近は全然苦にならなくなりました。

(16)アメリカの大学に留学して良かったですか?

大学卒業後の目標を教えてください。まだ一年目が終わったばかりですが、今のところは留学して良かったなと思います。だいぶ忙しいけど、すごく有意義な時間を過ごせていると思います。大学卒業後は大学院に進むか、アメリカで就職できたらいいなと思ってます。

(17)今までの体験談の質問に答えながら、いま留学を考えている人、これから留学する人に対して思いついたメッセージなどあれば自由に書いてください。

大変なこともたくさんあるけど留学は楽しいです! 合う合わないはあるからすべての人にお勧めはしませんが、今悩んでいるならぜひ行ってみた方がいいです。自分の世界が広がります。

※グラフィック作品:

アメリカ大学奨学金留学プログラム

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981


ページの終了