本文の開始

カリフォルニア州の実績 奨学金留学プログラム

カリフォルニア州について

アジアとなじみが深く
ヒスパニックやアジア系の人が多い多様性溢れる州

アメリカ最大の人口を抱える州であるカリフォルニア州は、元メキシコであったことなどからヒスパニック系の人口がその他白人の人口と同程度となっており、またアジアに近いことからアジア系の人口も非常に多い多様性溢れる州となっています。全米で第2位の都市圏ロサンゼルスと、第6位の都市圏サンフランシスコは、ジャパンタウンもあるなど日本人にとっても観光地や仕事でなじみの深い都市です。ロサンゼルスは映画産業で世界的に有名なハリウッドがあり、サンフランシスコ・ベイエリアにあるシリコンバレーは全米でもっとも先進的で経済的に裕福な地域の1つです。カリフォルニア州のGDPは、イタリアに匹敵する規模です。ヒスパニック系の人口が全体の半分近くを占めていることから、スペイン語は州の準公用語となっています。


カリフォルニア州は観光地としても世界的に知られており、世界遺産登録されているヨセミテ国立公園や、地球上最大の生物セコイアの木で覆われたセコイア国立公園、避暑地やスキーリゾートとして有名なタホ湖など、世界屈指の観光地が多数あります。カリフォルニア州には全米でもっとも富裕なエリアもありますが、州全体で見ると全米でもっとも失業率の高い州の1つで、2009年以降州の財政は破産状態となっているため、大学教育や市民向けサービスの点でも大きな影響が出ています。多くのエリアが典型的な車社会のため、大都市近郊の交通渋滞は深刻です。カリフォルニア州に本拠地を置く主な企業には、アップル、Ebay、アドビシステムズ、インテル、ウォルト・ディズニー・カンパニー、オラクル、GAP、クアルコム、Google、AMD、サン・マイクロシステムズ、シェブロン、シスコシステムズ、シマンテック、タコベル、ヒューレット・パッカード、Yahoo!、リーバイスがあります。カリフォルニア州出身の主な著名人には、クリント・イーストウッド、タイガー・ウッズ、ニコラス・ケイジ 、キャメロン・ディアス 、レオナルド・ディカプリオ 、リチャード・ニクソン、ウィリアム・ランドルフ・ハースト、 ティム・バートン、トム・ハンクス、マリリン・モンロー、ジョージ・ルーカスがいます。

大学名一覧 都市 大学種類 TOEFL 学校人数 学生教授比率
アライアント国際大学マネジメントスクール San Diego都市圏 私立 80 683 10:1
ホーリーネームズ大学 Oakland 私立 57 890 10:1
メンロカレッジ Atherton 私立 61 681 14:1
ノースウェスタン工科大学 Fremont 私立 71 809 19:1
サンノゼ州立大学 San Jose都市圏 州立 61 25,862 27:1
カリフォルニアバプティスト大学 Riverside 私立 71 8,000 17:1
アメリカ創価大学 Aliso Viejo 私立 非公表 400 8:1

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了