本文の開始

アメリカ大学スポーツ奨学金留学ショーケース体験談 - 男子ゴルフ留学

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカスポーツ奨学金留学 体験談

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > スポーツ奨学金留学プログラム > ショーケース体験談一覧 > 男子ゴルフ留学


アメリカ大学スポーツ奨学金留学プログラムとは?

このプログラムはアメリカの大学が支給するスポーツ奨学金またはアカデミック奨学金と、アメリカの大学へ留学したい学生とを結びつけるプログラムです。このスポーツ奨学金プログラムでは、毎年7月にフロリダ州で開催されるショーケース(実技試験)での結果をもとに、複数の大学からスポーツ奨学金のオファー(奨学金額は最大で授業料・寮費・食費の100%)を受けることができます。万が一スポーツ奨学金のオファーが得られなかった場合にも、多額のアカデミック奨学金を受けてスポーツが盛んなアメリカの大学に進学することができます。そのため、アメリカ留学を希望する人たち(高校生・大学生・一般社会人)にとって、大きな経済的支援となっています。

スポーツ奨学金留学ゴルフショーケース体験談

男子ゴルフ留学ショーケース体験談

アメリカでスポーツと勉強をしたいという方には凄くいいチャンス

アメリカ大学スポーツ奨学金03
  • 丹羽 優介 さん
  • 出身校:ロトルアボーイズハイスクール
  • スポーツ:ゴルフ
  • ショーケース参加:2015年7月
  • 留学予定: 2016年1月

フロリダでのショーケース参加前について

高校ではどんな学生生活を送っています(いました)か?

ゴルフ留学

自分はニュージーランドのロトルアにあるロトルアボーイズハイスクールに通っています。学校は平日の9時から3時まであり、1教科1時間の5つの教科を履修しています。ここの学校は男子校でスポーツに力を入れており、自分はゴルフアカデミーに在籍して毎週火曜日と木曜日、1日2時間ゴルフの練習をしています。火曜日は朝から学校へ行かずにゴルフをし、木曜日は放課後にゴルフをしています。

なぜ日本の大学ではなくアメリカの大学を選んだのですか?

自分は高校から海外留学を開始しているので、大学でも英語を活用できる環境でより英語を上達させながら勉強などをしたいと思い、アメリカの大学を選びました。

なぜスポーツ奨学金留学プログラムを利用したのですか?

自分は小さい頃からゴルフをしており、高校でもニュージーランドの中ではハイレベルな高校へ進学したため、親に金銭的な負担をかけてきました。大学でもゴルフのレベルをより上達させ、将来は大学を卒業してプロとしてゴルフをプレーしたいので、親への負担を減らすためにも、少しでも奨学金をもらって大学を卒業したいと考えました。

ショーケース参加に向けてどのように準備を進めましたか?

ショーケースに向けては、できるだけ自分の調子のいい状態でゴルフがプレーできるように練習をして、勉強も短期間でしたがテストに向けて勉強しました。

ショーケース参加時の英語力はどの程度でしたか?

英文法のスキルなどは完璧ではありませんでしたが、自分は外国の高校に在籍していたため、英会話のコミュニケーションには不自由しませんでした。

ショーケース中について

7月2日(木)

自分の場合は諸事情があって、1日早く寮につきました。ニュージーランドからアメリカへの直行便はなかったため、シドニーをまたいで約20時間のフライトを経てアメリカに到着しました。オーランド空港に着いてからはシャトルバスで大学まで行き、ヨーロピアンのIDEAスタッフと落ち合って寮に案内してもらいました。そのスタッフの方の英語はヨーロピアンアクセントがありすこし聞き取りにくかったですが、翌日のことや大学施設について説明してもらいました。部屋に戻るとシャワーを浴び、次の日のことを考え緊張しながら眠りにつきました。

7月3日(金)

自分は前日から寮に泊まっており、この日の朝は10時からチェックインができるということだったのでその時間に行きましたが、チェックインは結局30分ほど遅れて始まったため、やっぱりアメリカも時間にルーズだなと思いました。この日はチェックインをするだけだったので自分は大学キャンパスを歩き回ったところ、航空大学だったためキャンパス内ではたまにパイロットの服を着た学生も見ました。部屋へ戻るとルームメイトがいて、彼はブラジルからサッカー奨学金のためにショーケースに参加しに来たそうで、ディナーも一緒に食べました。夜は次の日について緊張しながらも眠ろうとしましたが、クーラーが寒くてあまり寝られませんでした。

7月4日(土)

この日の朝は6時半に起きて朝食に行き、その後はプレゼンテーションがありそこでIDEAの説明を聞きました。11時からはゴルフがあり、そこでは14人の学生がいて車2台で15分くらいかけてゴルフ場に行きました。初日はLPGA International Jones Courseをプレーし、そこはすごく綺麗で、テレビ放送がついたプロの試合をするようなコースでした。はじめはすごく緊張し、前半は良かったのですが後半に崩れてしまい、結果はあまりよくありませんでした。他の参加者も、調子がいい人もいれば悪い人もいたので、明日は2日目なので環境にも慣れて良いスコアーで回れると思いました。帰ったのは5時くらいで、シャワーを浴びた後でディナーへ行き、サッカーなどをしている参加者といろいろ話しました。疲れていたので夜は早く寝たのですが、やはり寒くてよく眠れなかったです。

7月5日(日)

この日も6時半に起きて朝食に行き、プレゼンテーションもあり今回はアメリカの大学について話を聞きました。ゴルフは9時半からあり、場所は同じでしたが今回は Hills Course でプレーしました。2日目でもやはり少し緊張しましたが、コース自体も初日より簡単だったのでいい感じで前半を終わりました。ただ、後半は雷の影響で中止になってしまいました。寮の方へ戻ってディナーを食べる頃にはもう晴れていたため、少し悔いの残る日でした。

7月6日(月)

この日は7時からゴルフがあったので、少し早めに起きて朝食を食べました。この3日目も初めて回るコースでしたが、前日に引き続いて、自分の中ではなかなかいいゴルフが出来、コース自体も前の2つのコースに比べて結構簡単なように感じました。当然コースが楽な分だけ他の人も良いスコアーが出ていて、自分より良いスコアーの人もいて、3日間の合計のスコアでは初日が悪かったのであまり上位には行けませんでした。次の2日間はゴルフのショーケースの予定がなかったので、そのままディナーを食べ、家族や友達と連絡をとってこの3日間で起きた色々なことを話して寝ました。

7月7日(火)

この日はゴルフがなかったので、少し遅目に起きてルームメイトやその友達と一緒に朝食を食べました。その後は大学のプレゼンテーションがあり、8校くらいの大学がパンフレットを配りに来ていたのでそれをもらいに行きました。その後はまたランチを食べて、他のスポーツのショーケースはあったので部屋では自分だけになりすごく暇でしたが、大学を見て回ったり、友達と話したり、ゴルフの素振りをしていたらすぐに時間は過ぎました。同い年でサッカー選手として参加している日本人参加者と会い、その人とディナーを食べて、その後にKマートというお店へ行ってお土産などを買い、その日は終わりました。

7月8日(水)

この日はユニバーサルスタジオに行きました。朝は8時くらいに朝食を食べて、9時にバスに乗り、1時間くらいかけて到着しました。自分は日本人1人とコロンビア人6人くらいと一緒に行動しました。一番最初はジェットコースターに乗ろうとしましたが、あまり好きではないのでもう1人の日本人と残りました。その後は色々なところへ行き、ランチはバーガーを食べました。最後はみんなで記念にジェットコースターに乗りました。それからは他の国籍の人とは別行動して日本人とお土産を買いに行きました。バスに戻ってからは10分くらいのドライブでアウトレットへ行きました。自分はジャケットを買いましたが他の人たちは靴など色々と買っていました。帰りはみんなバスの中で寝ていて、寮へ戻ったのは11時くらいだったので帰ってからはすぐに寝ました。初めてユニバーサルスタジオへ行ったのですごく思い出深い日になりました。

7月9日(木)

この日からまたゴルフがスタートするので、朝は早くから起きて朝食を食べましたが、さすがに前日の疲れが残っていてすごくだるかったです。コースの場所は1日目と同じ難しいコースでしたが、みんな同じ環境なので文句は言っていられません。ゴルフの調子はあまり良くありませんでしたが、次の日に繋がるように意識しました。帰ってからはいつもどおりシャワーを浴び、ディナーを食べて寝ました。

7月10日(金)

朝はいつものように起きて、朝食を食べてゴルフへ行きました。コースは2日目と同じコースでした。前半はいいショットが打てたものの、あまり思い通りのゴルフができませんでしたが、前半の最終ホールでバーディーを取り、それで調子があがって後半はなかなかいい感じで回ることができたため、最終的にはまあまあのスコアーが出ました。終わってからは友だちとショッピングモールへ行きましたが、行くのが遅すぎてほとんどの店が閉まっていたのですぐ帰りました。

7月11日(土)

この日は最後のショーケースで、コースは3日目と同じコースでした。このコースはショーケース開催の3コースの中では簡単な方だったので、良いスコアーを出す自信はありました。スタートはあまり良くありませんでしたが、それはいつものことなので気にしませんでした。プレーをしているときはなるべく何も考えないようにしました。最後のラウンドは楽しかったのであっという間に時間が過ぎました。結果はそこまで良くはありませんでしたが、ベストは尽くせたと思います。

7月12日(日)

この日は参加者が帰る日で、2つのグループに分かれて空港へ行きました。自分は遅い方のグループで行きました。空港までは約2時間で着いて、ゴルフの友達も一緒だったので空港で5時間くらい楽しく暇を潰していました。そして最後は握手を交わしてそれぞれ個人のゲートへ行って飛行機に乗り、自分は14時間くらいのフライトで着きました。


ショーケース後について

ショーケースを終えた上での感想を教えてください。

ショーケース

始まる前は凄く緊張していて、うまくコミュニケーションが取れるかが心配でしたが、コーチの方や他のプレイヤー達もみんなフレンドリーで凄く楽しかったです。自分は初めてアメリカへ行ったのですが凄くいい経験になりましたし、アメリカのゴルフ場と日本のゴルフ場の違いなどがよくわかりました。

今振り返ってみて、ショーケース参加前にしておけばよかったと思うことはありますか?

自分は英語を喋る事は出来ますがたまに通じない時などがあったので、もっと英語を勉強していたらもっと楽しかっただろうと思います。

ショーケースへの参加を検討している方々に向けて、アドバイスをお願いします。

このショーケースはアメリカでスポーツと勉強をしたいという方には凄くいいチャンスだと思います。英語の勉強や各自のスポーツをしっかり練習するなどして、もしうまくいかなくてもなるべく周りから見て悪い印象を与えないように全力でプレーをしたら、きっといい結果が出ると思います。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981


ページの終了