本文の開始

グローバルスタディ アメリカ大学奨学金留学体験談 - ハンニバルラグレンジ大学

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム 体験談

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 体験談一覧 > ハンニバルラグレンジ大学

アメリカ大学奨学金留学体験談(ミズーリ州)

ハンニバルラグレンジ大学(Hannibal-LaGrange University)

リベラルアーツの先生方は本当に生徒一人一人に対して熱心

アメリカ大学奨学金留学プログラム

留学の選択

(1)なぜ、日本ではなくアメリカの大学を選びましたか?

日本の大学で受ける英語の授業ではなく、アメリカ人の大学生が英語で受ける様々な授業を受けることで、自分の英語力を上げると同時に、アメリカで暮らすに必要な知識も身につけたいと思い、アメリカの大学を選びました。

(2)大学留学前に不安や心配だったことはありましたか?(今はその心配はなくなりましたか?)

一番の不安はやはり、全て英語で行われる授業に、今の自分の英語力でついていけるのだろうかという問題でした。授業内容も大学生レベルであるにも関わらず、それを全て英語で読み聞きして理解するというのは、経験なしではどんなものか想像がうまくできませんが、それは自分の努力次第で簡単に解決できる問題であるということが実際の留学で実感できました。

大学での勉強

(3)授業についていくための予習や課題に、一日どのくらいの時間を使ってますか?

体験談

実際のところ、各授業で、前々に教科書を読んである程度理解しておくようにという課題を出されているとき以外は予習などはほとんどしていません。その代わり、定期テストや小テスト前に負担がかからないよう、授業の後は必ず復習をして分からない部分はなくすよう努力しています。私は課題を抜かしてだいたい一日3~4時間ほど復習をしていますが、予習・復習については自分のやりやすい方法を見つければ、効率よく短時間での勉強が可能になると思います。

(4)一番大変だった授業は何ですか?

私の場合は、一番大変だったのはアメリカ史の授業です。教授にもよりますが、大学ではホワイトボードや黒板に文字が書かれることは少なく、ほとんどは口頭での説明になります。それに加え、このクラスでは専用の教科書がなく、教授が口頭で述べる説明を専用ノートに素早く書き写すという授業がメインなので、書き取れなかったり書き間違えた部分があると復習にも影響してきます。私は授業中はとにかく雑な字でも構わないので、できるだけ素早く書き写し、スペルミスなども含め、授業後にわかりやすく別のノートにまとめていく方法で復習しました。授業自体は全く難しくないので、慣れてくるとアメリカ人の学生と同じくらいの勉強時間でそれなりの点数も取れるようになります。

(5)アメリカの授業についていけるかどうか心配される方は多いです。何かアドバイスはありますか?

勉強時間は誰よりも長くても点数が取れない人、勉強は短時間で済ませているのに点数がアメリカ人よりいい人、人それぞれです。大切なのはがむしゃらに長い時間勉強することではなく、自分に合った勉強法を見つけ、効率よく勉強することです。こればかりは個人で変わってきますのでアドバイスは難しいですが、授業の最初の小テストなどを受けると、その先生の出題傾向や重点などがわかってきますので、それを元に次回からのテストに向けて勉強すると、点数はぐんと上がります。その為には最初のテストで全部の内容をある程度理解してテスト後に傾向を探ることが必要になりますが、重点がわかると何も難しいことはないので安心して下さい。日本の学校の授業で自分に合った勉強を見つけることと全く同じです。英語力は、授業や課題での読み書きの量がすごいので、それをこなすうちに少しずつ伸びて行きます。

(6)ずばり、大学での勉強は楽しいですか??それはなぜでしょうか?

すごく楽しいです。私は高校卒業後すぐアメリカの大学に来たので、日本の大学との比較はできませんが、大学生活では毎日、全てが勉強です。アメリカ人の友達は、授業でわからないところは自ら進んで時間を作って教えてくれます。授業以外にも、アメリカ人との会話で学ぶことはすごく多いです。授業では、先生たちはよく生徒を笑わせてくれます。先生と生徒はまるで友達かのように質問し合ったり話したり、楽しく授業が進みます。また、リベラルアーツの先生方は本当に生徒一人一人に対して熱心になってくれるので、先生の時間が空いている時に勉強のことでオフィスにお邪魔すると、納得いくまで親身に一対一で教えてくれます。

大学生活

(7)寮生活での良かったこと、困ったことがあれば教えてください。

ハンニバルラグレンジ大学

ルームメイトとのコミュニケーションにおいては英語力の問題は全くないと思いますが、互いに文化背景の違う生徒同士が同じ部屋で過ごすのは難しい場合も度々あります。人にもよるのでしょうが、例えばアメリカ人と同室になれば、気難しい人にはイライラする場面も多々あるかと思います。私の場合は3人部屋で韓国人とベトナム人と同室でしたが、3カ国の文化は度々ぶつかり合いました。お互いが始終気を使っているような雰囲気でした。しかし利点もあります。どんなに夜遅くまで勉強していても、隣で友達が一緒に頑張って勉強している姿を見るとやはり励まされますし、色んな部屋の友達と明け方まで語り合ったこともありました。課題などで問題が生じるとすぐに隣の部屋の友達に聞きに行けますし、時々寮でパーティーなどもあります。みんなが大きな家族のような感じです。

(8)休日はどのようなことをしていますか?

休日は友達と近くのジムに行って運動したり、買い物に行ったり、日本食を作ってみたりして勉強から解放されます。課題が多い日やテスト前などは勉強していますが、だいたい休日はゆっくり休む時間が作れますよ。

(9)大学で、勉強以外に取り組んでいることがあれば教えてください。

特にないです。

(10)友達をつくるコツを教えてください。

日本でこれをすると少し警戒されるかもしれませんが、「あ、友達になってみたいな」という人がいればとりあえず話しかけます。アメリカ人は見た目はきつくても、話しかけてみるととても明るく話しやすい人ばかりです。特に生徒数の少ない学校や、全寮制の学校などは、ほとんどの生徒と顔見知り程度にはなれますので、すれ違う度に軽く"Hi"と言ってみると、あっという間に友達になれます。時間がある時カフェテリアなどに一人で行って、暇そうな生徒に話しかけてみると一緒におやつを食べたりして仲良くなれますよ。大切なのは積極性と、英語を間違えることを恐れないことです。英語が下手なのは友達を作る武器になると思ってください。

その他の質問

(11)アメリカの大学に入って1年経ちましたが、留学する前と、留学した今の自分を比べて、ここが一番変わった、成長したと感じる部分は何ですか?

ミズーリ州

英語力もそうですが、一番変わったのは、物事に対するとらえ方です。アメリカの大学には色々な国の学生がいますので、色々な文化に触れることができます。最初は驚くことばかりですが、その一つ一つがいい刺激となり、多くの文化を知るうちに世界観が変わってきます。何があっても偏見を持たないようになりましたし、一歩下がって物事を広い目で観ることができるようになったように感じます。また、日本の伝統、文化、宗教など、今まで当たり前だと思っていたことが美しいと思えるようにもなりました。今、夏休みで日本に帰国していますが、今までとは違った日本の楽しみ方ができそうです。

(12)これから大学で学びたいこと、またその理由を教えてください。

英語で受ける英語の授業はとても刺激になり、追及したいと思いました。前学期にEnglish Conpositionという英語の授業を受け、英文法、エッセイの書き方、観点などについてとても役に立つ情報を得ることができました。エッセイを週1程の頻度で提出するという、留学生には少し負担になる授業ですが、この授業が自分にとって一番興味深く、為になる授業だったように感じます。アメリカで自然に通用する英語を身につける為、英語の方の専攻を取り始めています。

(13)今の大学のお気に入りの点、不満な点を教えてください。

私が通う大学はクリスチャンスクールで、キリスト教の信仰心がすごく強い生徒が集まっています。最初はどのようなものか全くわかりませんでしたが、ここに来て、宗教の大きさを感じました。毎週水曜日は授業の合間に朝10時から1時間、生徒全員参加のチャペルがあります。聖書の解説やイエスについての講義を聞きます。生徒同士でもキリストの話題が言及される頻度は高いです。食事の前には個人個人がお祈りをしています。授業の前にお祈りを全員でするクラスもありますし、他の大学に比べて、禁止事項が特に多いです。21歳を過ぎても飲酒、校外での喫煙も禁止されていますし、寮生活でも男女の距離は厳しく制限されています。私はキリスト教を信仰していないので、チャペルなどの強制は好きではありませんが、それを除けばとてもいい学校だと思います。私がこの学校について好きな点は、スタッフがとても親切でいつでも生徒のことを第一に考えてくれている点です。国籍に関わらず、生徒同士も本当に仲がいいです。

(14)卒業後の目標があれば教えてください。

大学卒業後はMaster's Degreeの取得に向けてアメリカの大学院に進学したいと思っています。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981


ページの終了