本文の開始

留学HOME > 留学基礎知識 > インターンシップ基礎知識

インターンシップ基礎知識

インターンシップ

海外でのインターンシップ制度は、国際ビジネス社会での就労体験を通じて、一人ひとりの自立を促し、新しい自分を発見するためのものです。

インターンシップには、

  1. ビジネスキャリアに磨きをかける『エグゼクティブインターンシップ』
  2. 正規採用のチャンスを与えられた状態でインターン研修に参加する『就労チャレンジプログラム』
  3. ビジネス英語研修や専門スキル学習の後、それを活かしながら実践トレーニングをする『インターンシップfor語学実践トレーニング』があります。

グローバルスタディでは、それぞれのニーズにあわせて海外の様々なプログラムをご紹介いたします。
また、グローバルスタディの有給インターンシップサイトから様々なプログラムの情報が得られます。

海外の様々なプログラムをご紹介いたします。以下の一覧を参考にしてください。

プログラム一覧

報酬
  • ○印は、有給インターンが可能です
  • △印は、有給になる場合もあります
  • ×印は、無給のインターンです
国名 都市 分野 期間 報酬
USA アメリカ (J1) 西海岸
ニューヨーク
メディア、ホテル、旅行、貿易、デザイン、
NPO、幼稚園、法律、会計、建築他
6ヶ月〜18ヶ月
ハワイ
旅行、ホテル、ブライダル、観光航空会社、
飲食店、 美容師、エンターテイメント他
6ヶ月〜18ヶ月
その他地域 様々 6ヶ月〜18ヶ月
USA アメリカ (PT) ロサンゼルス
翻訳、通訳 研修6〜12ヶ月後、
6ヵ月
USA アメリカ ニューヨーク メディア、アパレル、貿易、金融、CG他 語学1〜6ヶ月後、3〜9ヵ月
×
ハワイ 旅行、ホテル、レンタカー会社他
研修7ヶ月後、2ヵ月 ×
その他地域 様々 語学2〜10ヶ月後、1〜4ヶ月 ×
Canada カナダ カルガリー フライトアテンダント 国内1ヶ月後、海外5〜6ヶ月 ×
トロント、オタワ
モントリオール
アパレル、インテリアデザイン、アート、
IT、旅行、ホテル、貿易、デイケア他
4〜12ヶ月
BC州内 日本語教師アシスタント
1〜12ヶ月 ×
UK イギリス ブライトン 旅行、ホテル、貿易、IT、エンジニア他 研修(2〜3ヶ月)後、1〜3ヶ月
×
ロンドン、
エジンバラ
様々 研修(2ヶ月以上)後、
1〜4ヶ月
×
Ireland アイルランド シャノン ホテル、アイリッシュパブ 語学(6ヶ月以上)で同時進行
Australia オーストラリア 各地 日系企業 各種
1〜12ヶ月
ゴールドコースト
日本語教師アシスタント 1〜12ヶ月 ×
ニュージーランド オークランド
クィーンズタウン
貿易、金融、スポーツ、教育機関、ホテル、
ツアー会社、環境保護、出版、デパート他
3〜6ヶ月後、
正式採用の場合あり
各地 日本語教師アシスタント 3〜12ヶ月 ×
シンガポール、
マレーシア、タイ、
インドネシア
各地 日系企業の一般事務、IT、DTPデザイン、
Webデザイン、ホテル、旅行、飲食店、
日本語出版社、サービス他
1〜3ヶ月
研修終了後は正式採用
(ビザサポートあり)の途あり
India インド プネ IT 研修(3〜4ヶ月)後、
1〜3ヶ月
×
イタリア フィレンツェ、ミラノ
貿易、旅行、製菓、
手工芸、建築デザイン他
研修(4〜9ヶ月)後、
2〜4ヶ月
×
スペイン 各地 建築、土木、農業、出版、観光他 研修(1〜9ヶ月)後、
3〜12ヶ月
メキシコ、ペルー、
チリ、コスタリカ、
アルゼンチン
各地 建築設計、建設土木、配管、農業、
プログラマー、環境保護ボランティア、
企業コンサルティング、観光、ホテル他
研修(1〜9ヶ月)後、
3〜12ヶ月

インターンシップの受入先企業には欧米系企業と日系企業があり、欧米系企業では特に高い英語力と実務経験が求められます。日系企業の場合、優秀な人は研修終了後に正式採用(就労ビザサポート)されるケースが多く見られます。もちろん、グローバル スタディが紹介するインターンシッププログラムを利用して、海外就職を実現し、今なお活躍中の方もたくさんいます。

ただし正式採用されたからといって、必ずしも就労ビザの取得を保証するものではありません。

グローバル スタディが紹介するインターンシッププログラムは、応募者のビザステータスをきちんとリサーチしてから手配しますので、安心です。

国別のインターンシップ・ビザ状況

USA アメリカ・・・J-1ビザ(広報文化交流庁指定のプログラム参加者のためのビザ)

アメリカ非移民ビザのカテゴリーは、50以上あります。その中で、インターンシップではJ-1ビザを取得するのが望ましいとされています。

J-1ビザには13のカテゴリーがあり、グローバルスタディが取扱うインターンシッププログラムはそのうちの2つのカテゴリーに属します。受入先が決定したらキャリアトレーニングプランを立てて、ドキュメントを作成し、DS-2019書類を取り寄せて、J-1ビザ申請を行ないます。

受入先企業が決まらなければ、ビザの手続きは行なえませんので、まずは受入先企業を見つけることが重要です。見つけ方としては次の3つが考えられます。

どうやって第一歩を踏み出せばよいのか不安な方は、遠慮なくグローバル スタディのカウンセリングにご相談ください。一人一人にマッチしたアドバイスを行ないます。

● オープンポジション

あらかじめインターン生を募集している企業に対して、参加資格を満たしていると思われる人が、自由に応募することができます。 派遣先、応募条件、待遇などが決まっていますが、人気のあるポジションには応募者が集中することがあります。

※オープンポジション情報については、ニューヨーク有給インターンシップをご参照下さい。

●バックグラウンドから受け入れ先をリサーチ選定

所定の診断用紙もしくは日本語履歴書(職務経歴書)、英文レジュメ・カバーレターを提出していただき、いくつかの希望業種に対しての可能性を個別にリサーチします。

J-1ビザを取得したインターン生には、実務経歴や能力に応じて報酬が得られるケースがあります。その場合、受け入れ先より「W2フォーム(源泉徴収票)」を取得し、米国の規定にそって確定申告を行う必要があります。J-1ビザで参加した研修生の中には、研修生の貢献が認められ、インターン終了後に正規社員として採用されるケースも少なくありません。

● セルフアレンジ

受け入れ先企業を、自分の人脈や能力を駆使して自分で探して雇用契約をします。J-1ビザ申請に必要な書類DS-2019は、個人ではなかなかスムースに発行してもらえない書類なので、J-1ビザ申請だけをGSで手配します。

Canada New Zealand カナダ・ニュージーランド・・・就労ビザまたはワーキングホリデービザ

ほとんどの業種で実務経験2年以上を必要としています。インターン研修終了後、高い確率でジョブオファーがきているため、現地就職を実現している人が多いのもGSプログラムの特徴です。

もちろん語学力に不安がある人、英語研修からのスタートも可能です。

Malaysia Thailand China Australia 東南アジア・オーストラリア・・・シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、中国など

1〜3ヶ月のインターン研修終了後、そのまま受け入れ先企業から就労ビザをサポートしてもらい、正式に就職します。 おもに給与待遇がよい日系・欧米系企業が中心です。事前インタビューでは、就労ビザが取得できるかどうかの可能性の有無をリサーチします。

インターンシップで求められる英語力に自信がないという方は、「語学留学+インターンシップ」のプログラムで、英語のレベルアップを図ってからインターンシップを行なう、という選択があります。
どうぞ、グローバル スタディのカウンセラーにご相談ください。

留学の流れ

→留学無料カウンセリングで、期間や予算、英語学習について相談しましょう。
(家が遠くてどうしてもカウンセリングを受けに行けない!という方には電話カウンセリングもできます。)

→留学無料カウンセリングで、当社カウンセラーとプログラムの自分に合ったコース内容を確認。

→あなたの英会話力や経験や相談にもとづいてプランを決定していきます。

  • カウンセリング時間の目安はおよそ1時間程度です。
  • 留学無料カウンセリングは予約制です。
    月曜日〜土曜日 10:00〜19:00
    ※時間外のカウンセリングご希望の方もお問合せください。
    カウンセリング実施時間内は、お電話からもご予約を受け付けております。>0120-39-5057
    また、日祝祭日はお休みをいただいております。予めご了承下さい。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了