本文の開始

グローバルスタディ - 通信制高校×フィリピン語学留学プログラム

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
語学留学・英語留学・格安留学・フィリピン留学など。

フィリピン格安語学留学(英語留学)

海外留学のグローバルスタディトップ > フィリピン語学留学(英語留学) > 通信制高校×フィリピン語学留学プログラム

通信制高校×フィリピン語学留学プログラム 概要

今回、日本航空高等学校様からの一声より実現したこの「通信制高校生のためのフィリピン語学留学プログラム」は通信高校に通う高校生の皆さんに高校生のうちに高い英語力を身に着けてもらうという画期的なプログラムです。通信制高校ならではの在宅可能期間を利用し、高校過程を履修しつつ、一方でフィリピンでの長期英語留学にて、より実践的な英会話力を磨くことが可能です。

通信制高校

日本航空高等学校の情報はこちら

↑このページのTOPへ

フィリピン・クラーク留学の3大特徴

圧倒的に治安が良い

フィリピン国内でも断トツに治安のよい「クラーク特別区内」での留学。高校生のお子さんが留学するには申し分ない、安全な環境でのご留学が実現します。「クラーク特別区」は区内に立ち入る際、どの道路を使用してもセキュリティゲートをくぐらなければならないため、現地フィリピン人の入場が制限され、フィリピン国内であればほかの地域と比較にならないほど、良い治安が保たれています。また、学校長、マネージャー、学校職員が常に学校敷地内に滞在し、24時間サポート体制をとっているうえ、敷地内は塀で囲まれており、24時間体制で警備員が常駐し警備にあたっています。
(治安についての詳しい内容は以下にあります。)

圧倒的に効果が高い

1日10時間英語漬けの環境は日本では実現できません。フィリピン留学だからこその、英語を集中的に学べる時間を存分に活用して、留学生の皆さんの英語力を飛躍的に向上させます。また、フィリピン留学ならではのマンツーマン授業は内気な性格の日本人が英語を話すにはうってつけのシステムで、人前だと緊張して話せなくても先生と一対一の授業の中で英語を反復的に学習し、会話力を磨いていきます。欧米の語学学校(先生一人に対して生徒10人前後)に比べ、圧倒的に英語に触れる時間が増え、話す時間も増えることで大きな効果を得ることができます。

圧倒的に費用が安い

授業料の費用対効果は抜群で、欧米の語学学校の場合は1クラス10名前後のグループクラスが中心ですが、当プログラムではマンツーマンのプライベートレッスンが1日4時間も受講可能です。欧米でマンツーマンレッスンを4時間した場合の授業料を比較すると、なんと1/3ほどの料金でのご留学が可能になります。料金が安いうえにマンツーマン授業によって留学生一人一人のレベルに合った学習を効率よくできるということで、短時間で効果の出せるコストパフォーマンスが抜群にいいプログラムです。また、日本から近いために航空券も安うえ、物価も安く、リーズナブルに留学ができるため、留学先として今フィリピンが最も注目を集めています。

↑このページのTOPへ

プログラムの詳細

募集期間

留学開始日時から逆算して、1か月前までにご応募ください。
※2か月程度前の時期にカウンセリング受けることをおすすめいたします。(無料)

留学期間

毎週月曜日の入学が可能です。
(フィリピンの暦で月曜日が祝日の場合は火曜からの開講となります。※要お問い合わせ)
1週間~ ご自身のご希望に合わせた期間を設定していただけます。

留学先

Global Standard校 (クラーク地区)

Global Stamdard English Language School

住所 #5208. C.M. Recto Ave, Clark Field, Pampanga, Philippines
クラーク国際空港から車で5分
SSP AAFS NO, AFF-07-017
TESDA NTR0603052397

↑このページのTOPへ

フィリピン クラーク地区について

クラーク地区

マニラから北へ車で2時間ほどの場所に位置するこの地区は、フィリピンの中でも治安状態のいい地域として知られています。中でもGlobal Standardがある「クラーク特別区」内は地元住民でさえ気軽には入れないように特別区内に向かう道路のすべてにセキュリティゲートがついています。区内には繁華街もなく、夜間に女性がジョギングをしていても全く問題ないほど安全です。

なぜクラーク地区にある学校を選ぶのか

昨今、フィリピンの治安に関するニュースが立て続けに発信されていますね。マニラやセブ島、ミンダナオ島においては事実として日本人の方がなくなったりもしています。残念ながらフィリピンは犯罪件数も多く、日本という国に住む私たちにとってはことさらに治安の悪いイメージがあります。都会で首都があるマニラ、観光地としても有名なセブ島は国内の他の地域と比較しても治安の悪さは否定できません。しかしマニラから北へ2時間ちょっと田舎にあるクラークは比較的穏やかな人たちが住む地域で、さらにGlobal Standard校がある「クラーク特別区」は区内に立ち入る際、どの道路を利用してもセキュリティゲートを通過しなければなりません。以前、ここに米軍基地があったこともあり、地区内は欧米の方が多く住む比較的裕福な土地柄であるといえます。ゆえに、フィリピン人の出入りが制限され、フィリピン国内でもNo,1の治安の良さを誇ります。日本企業もこの土地に支社を置くなど、治安の良さはお墨付きです。リトルカリフォルニアとも呼ばれるこの地域は夜に女性が一人で出歩いても安心できるほど過ごしやすい環境です。一足クラーク特別区内を出ると、バリバゴやウォーキングストリートなどといった繁華街があるアンヘレス市になりますが、ここは現地の方や海外の観光客であふれ、犯罪率も多くなっています。特別区内とアンヘレス市内の治安さも歴然としています。安心して留学生活を送れる環境が、Global Standard校の一番大きな魅力です。

地図

上記緑色で囲まれた地域が「クラーク特別区」です。クラーク国際空港を中心に広がる区域にGlobal Standard校も位置しています。区域内への立ち入りにはセキュリティゲートを通過しなければならないため、区外の地域と比べても特段に治安のよい地域です。
また、学校の規則により平日は19時までしか外出が許されておらず、授業時間等を考えるとほぼ外出ができないようになっています。(外出が認められるのはクラーク特別区内のスーパーやコンビニのみ)

クラークの魅力

クラークは治安が良いだけではありません。クラーク周辺には、SMモール、マキーモール、ネポモールなどショッピングモールがあり、スーパーはもちろん、洋食や日本食レストラン、大手衣料量販店など、日本のショッピングモールと遜色ないほど充実しており、カフェや映画館も併設されていることもあり、週末はそこで友人と過ごすことも多くなります。また、クラーク特別区内には、米軍基地があった名残から、エアフォース記念公園、Nayongフィリピン文化記念公園(フィリピン文化を体験できる)、Puningホットスプリング(フィリピンでは珍しい温泉観光地)、さらに足を延ばせば、ピナツボ火山(ハイキングをしてで火山のカルデラを見に行く)、フォンタナリゾートウォーターパーク(プールのテーマパーク)スービック(きれいなビーチや動物園あり)、ハンドレッドアイランド(諸島でマリンスポーツを楽しめる)など、観光や遊びといった面でも本当に充実しており、留学生を飽きさせない地域でもあります。海あり、山あり、テーマパークあり、勉強に集中する平日とのメリハリをつけて思いっきり体を使ってリフレッシュすることもできます。

クラーク周辺 観光スポット

Air Force記念公園

(公園・広場、学校から車で5分)

クラーク特別区内にある公園で家族連れでにぎわっています。

Nayong Filipino文化記念公園

(文化体験型公園、学校から車で10分)

フィリピンの伝統舞踊やショーを楽しむことが可能。伝統工芸品もお土産として売られ、フィリピンの歴史に触れることができる施設。

Puning hot spring

(温泉テーマパーク、学校から車で約1時間)

棚田のような地形を利用した温泉型テーマパーク。温泉はもちろん砂風呂に使って心も体もリフレッシュできます。

Pinatubo 火山

(火山のカルデラ、学校から車で約3時間)

以前の噴火で形成されたカルデラは一見の価値あり。緩やかな山を登って行くのでトレッキングコースとしても有名。おもいっきり自然を満喫できます。※現在火山活動はありません
フォンタナリゾート

ウォーターパーク

(プール型テーマパーク、学校から車で30分)

フィリピンといえば常夏の国。大型プールで水浴びをすることほど気持ちのいいことはありません。大人から子供まで、一日中遊べるテーマパークです。

スービック

(リゾート・動物園、学校から車で00分)

セブに負けないくらい透き通ったきれいな海があり、この地区周辺に留学している人の多くが訪れたことのあるリゾート地。動物園もあり週末の小旅行にぴったり。

ハンドレッドアイランド記念公園

(諸島公園・マリンスポーツ、学校から車で3~4時間)

島と島をロープウェイで渡ったり、シュノーケリング、洞窟内の飛込みなど日本ではなかなか味わえないアクティビティが満載。友達と一緒に最高の夏の思い出ができます。

ショッピングモール「SMクラーク」

クラーク地区最大級のショッピングモールです。Global Standard校に留学する方は皆さん必ず利用することになると思います。モール内ではまず日本円からフィリピンペソへ両替をしましょう。日本国内や、フィリピンの空港内の両替所はレートが悪いので、ショッピングモールで両替されることをおすすめします。次はスーパーへ。フィリピンではトイレットペーパーは皆さん自分で用意することになります。そのほか生活必需品や水筒、サンダルなどを買う人が多いです。モール内には日本食、ファストフード、フィリピン料理などを含むレストランも多くあり、またスターバックスや現地のカフェもテナントとして多く入っています。本屋さん、電化製品屋さん(ドライヤーなどを購入できる)、また携帯電話を扱うショップも多く、ここに来れば何でもそろいます。映画館も併設されているので、休日にも遊びに来ることができます。入り口にはセキュリティがついており、一人ひとり手荷物検査を行っているので、治安の面でも安心ですね。

SMクラーク内店舗情報

生活必要品の購入

  • Hyper Market(スーパーマーケット)
  • 両替所・ATM(スーパーに隣接しています)
  • WATOSON(ドラッグストア)
  • The SM Store (百貨店 お土産も買えます)
  • Book Store(本屋・文具有)
  • CINEMAS(映画館 日本よりもかなり安く観ることができます)
  • ヘアーサロン(床屋 200ペソほどで散髪ができます)

衣料専門店

  • ユニクロ
  • Forever 21
  • SM STORE
  • そのほかフィリピン国内ブランドなど多数

電気ショップ

  • 電気屋さん
  • 携帯ショップ
  • パソコンショップ
    ※携帯電話、パソコンの修理会社も入っています。
    ※ヘアドライヤー、iphone周辺機器も購入可能です。
    ※SimカードやWi-fiに関する用品も売っています。

飲食店

  • KFC
  • マクドナルド
  • バーガーキング
  • ダンキンドーナツ
  • ジョリビー(フィリピンで有名なファストフード店)
  • イナサル(フィリピン料理専門店)
  • ARMY NAVY(ハンバーガーショップ)
  • TOKYO TOKYO(日本料理専門店)
  • 山頭火(日本ラーメン)
  • フードコート(タイ料理、韓国料理など)
  • スターバックスをはじめとした各種カフェ

SMクラーク内飲食店情報

↑このページのTOPへ

フィリピンでの生活豆知識

  1. トイレットペーパーはどこにもありません。外出するときは、かばんに入るサイズでポケットティッシュやペーパーを持参することをおすすめいたします。学校の寮にもついていないので、初日にスーパーで買っておきましょう。
  2. フィリピンの水はおなかを下す原因になります。生水はできる限り飲まないようにしてください。また、食器(ナイフ、フォーク、スプーン)も腹痛の原因となりますので、ペーパーでよく拭いてから使用するようにしましょう。外で瓶ジュースを飲むときも瓶の飲み口はペーパーでふくのも予防の一つになります。(稀に瓶が汚いことがあるため)
  3. お財布や携帯電話はチャック付のリュックやボディバックに入れ、前で抱えるように持ち歩きましょう。口が大きく開いた鞄に入れたり、ポケットに入れておくと、盗まれてしまったり、ポケットから落ちてなくなってしまうことがあります。
  4. フィリピンで上映されている映画はすべて英語音声での上映になります。勉強の一環で英語での映画鑑賞に挑戦してみてください。
  5. 移動手段に関しては、学校が提供するシャトルサービスをご利用いただいてもいいですし、クラーク特別区外になると、トライシクル(バイクに荷台がついたもの)やジープニーでの移動が基本になります。トライシクルは行き先によってドライバーとの値段交渉になります。ジープニーは一律8ペソですが、乗換には十分注意しましょう。
  6. 散髪については、SMクラーク内にもヘアサロンがあります。長期留学になると必須になってきます。200ペソほどできってくれます。
  7. クラーク特別区外に一歩出ると、ウォーキングストリート、バリバゴといった大人のための歓楽街が近くにありますが、そこへは出入りしないようにしましょう。犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。
  8. 生活必需品の購入に関して、GS校より徒歩5分程度のところにピュアゴールドスーパーマーケット、セブンイレブンがあります。クラーク特別区内の按針な区域にあるので、何か必要なものがあったらここで買うようにしてください。

↑このページのTOPへ

留学までのスケジュール

1月19日ご出発の場合

2か月前 留学カウンセリング開始(カウンセリング開始時に詳細な日程が決まっている必要はありません)
(11月19日前後)

1か月前 留学申し込み プログラム費用のお振込
(12月19日前後)

1月5日~1月11日の間
出発直前の留意点を踏まえたオリエンテーション

1月19日(日)
出発日
この日曜日にフィリピン(マニラ空港もしくはクラーク空港)到着する航空券の手配をお願いします。
フィリピン到着後 学校寮への入寮

1月20日(月)
学校生活開始
オリエンテーションおよび買い出し
(SMクラークへ)

1月21日(火)
授業開始

卒業時
金曜 卒業式
土曜 退寮および日本への帰国
※卒業する土曜日に日本に帰国する航空券お手配をお願いします。

↑このページのTOPへ

カリキュラム 

1コマ=50分授業 休憩=10分

General ESLコース(一般会話英語向上コース)

マンツーマンクラス 4コマ
少人数グループクラス 1コマ
大人数グループクラス 1コマ
選択授業 2時間(出席自由)
自習 2時間(参加必須)

マンツーマン授業ではスピーキングを中心に英語で必要とされる4技能(リスニング・スピーキング・ライティング・リーディング)をまんべんなく学習していきます。自習時間で得た文法や単語力を授業内で応用していき、先生の指導を得ることで、正しい英語を話せるように学習していきます。マンツーマン授業で習得した英語はグループ授業を通して、人前でも緊張せずに英語を話せるように訓練していきます。一日10時間以上の集中的な英語の学習を通して、飛躍的な英語力アップを目指します。

スケジュールサンプル

07:00~08:00 朝食
08:00~08:50 授業(必修1) マンツーマン
09:00~09:50 授業(必修2) マンツーマン
10:00~10:50 授業(必修3) マンツーマン
11:00~11:50 授業(必修4) マンツーマン
11:50~13:00 昼食
13:00~13:50 授業(必修5) グループ
14:00~14:50 授業(必修6) グループ
15:00~15:50 自由時間
16:00~16:50 自由時間
17:00~17:50 選択授業 TOEIC Listening
17:50~19:00 夕食
19:00~19:50 選択授業 CNN Listening
20:00~20:50 自習 出席チェック
21:00~21:50 自習 出席チェック

※自習は月曜日~木曜日まで
※自由時間は個人の時間割によってどの時間帯になるか変動いたします。

門限

月曜日から木曜日 外出禁止
金曜日 21:00(お一人での単独外出は禁止)
土曜日 21:00(お一人での単独外出は禁止)
日曜日 20:00

↑このページのTOPへ

学校紹介

クラーク特別区内に位置するGlobal Standard校はフィリピンの語学学校の中でもナンバーワンの治安の良さを誇ります。さらに、講義棟と学校寮が同じ敷地内にあるため、学校内で生活のすべてが完結します。料金には1日三食の食事(週末含む)、お部屋の掃除(ハウスキーピング)、洗濯サービスがあり、生徒の皆さんが英語の学習に存分に集中できる環境を整えています。500人定員という国内では類を見ない大規模な学校の利を生かし、大学生、高校生をはじめとした年代の語学留学の受け入れは、高い実績を誇っております。ほかの学校と違い、学校の徒歩圏内には遊ぶ場所などもないため、平日は皆さんまじめに勉強される生徒さんが多い、まじめな校風です。近年日本人が多くなってきているフィリピン留学ですが、Global Standard校は日本人の割合が低く、異文化交流、国際交流、の面でも留学ならではの経験を積むことが可能です。

学生専用のプールやカフェ、売店もあり、学校内での生活に不便することはないばかりでなく、ジムやバスケットコート、ゴルフ場を利用することで、勉強で疲れた体をリフレッシュすることもできます。

フィリピン・セブ島の格安語学留学(短期・長期)留学セミナーを実施中! お気軽にご参加下さい。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了