本文の開始

海外留学のグローバルスタディ - フィリピン高校生語学留学

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

フィリピン格安語学留学(英語留学)

海外留学のグローバルスタディトップ > フィリピン語学留学(英語留学)> フィリピン高校生語学留学

高校生が留学をする時代

高校生

高校生が留学なんて「早い」と思っていませんか?違うのです。今や高校生という若いうちから留学することは、大学生や、社会人になった時に、「英語力」はほかの人との比較の土俵に立った際にかなり有利な点として働きます。現代日本では、町には観光客だけではなく、多くの外国人であふれています。将来的に社会に出る際、「英語」が必要になってくるのは明白です。さらに今後は2020年のオリンピック開催や、センター試験廃止による大学入試での英語科目にスピーキングが加味されるかもしれないことを踏まえると、高校生が海外留学を通して早い段階で英語力を身に着けるということは今必要な時代になってきているのです。

なぜフィリピンなのか?

(1)費用が圧倒的に安い

留学費用

賃金の差から人件費、食費、滞在費が安く、日本からの距離も近いため航空券も安く収まります。

(2)マンツーマン授業が多い

一般的な英語学校は先生一人に対して生徒は10名前後いるのに対し、フィリピンの英語授業の4時間程度はマンツーマン授業で行われます。恥ずかしがり屋で英語を話すことに抵抗のある日本人には話す抵抗をなくすための大きなカギとなります。

(3)勉強に集中できる環境

フィリピンの英語学校は講義棟と同じ敷地内にある寮での滞在が基本です。学校寮は部屋の掃除、洗濯、1日3食の食事まで、生活のすべてに対するサービスが充実しています。また、24時間体制で警備員が学校内外を巡回するため、校外の危険にさらされることもありません。

海外留学にはある程度の語学力が必要だと思っていませんか?

語学力

→そんなことは全くありません。フィリピンではもともと英語力初心者の方を中心に留学サポートを行っています。授業もマンツーマンだからこそ一人一人のレベルに合わせて展開されていきます。高校生の留学への懸念として最も大きいのが「言葉の壁」だそうで、フィリピンでは、その心配は無用です。英語力がなくても飛び込める環境があります。

グローバル社会を生きる高校生の進路

(1)社会に出る人

社会に出る人

高校を卒業後に社会人として働き始める人もいます。英語という武器を身に着けることで少しでもいい会社に、少しでもいいお給料で働くことができます。将来の選択肢を増やすことができるのは英語力です。

(2)大学に行く人

今は、国が留学に行くことを大学生に推奨しています。しかし、海外の大学への留学にはそれ相応の英語力が必要になってきます。ほかの大学生と英語力で差をつける、そして海外での生活経験があるということは大きなアドバンテージになります。大学における海外留学には「奨学金」が支給されることが多く、実質無料に近い形で、憧れの海外留学を実現することもできます。

(3)海外の大学へ行く人

海外の大学へ留学

高校卒業後、日本を飛び越えて海部外の大学へ進学する人も増えてきています。進学したいと思った時になんといっても必要なものが英語力です。海外の大学は日本とは違い、ほとんどの大学生はバイトをせず、学問に勤しみます。本気で勉強したい人、自分の舞台が海外にあると考える人もいるのではないでしょうか?大学から奨学金を得られる場合、日本の「日本学生支援機構」から奨学金をもらって大学に行く場合など、経済支援も整ってきているのが現状です。

↑このページのTOPへ

通信制高校の学生が海外留学をするメリット

通信制高校

ほかの高校生と違って通信制の高校生が自由に使えるのは「時間」です。自分の趣味や、就労に時間を使う方もいます。海外留学もまた、まとまった時間が必要です。その点でほかの高校生に比べて有利な点があります。

通信制高校は課程により、「スクーリング」と呼ばれる登校日を除いては、比較的自由に使える時間がかなり多く確保できます。その時間を利用して海外留学をする高校生が今、増加しているのです。

様々な理由で通信制高校を選んだ高校生が今、フィリピン留学を通してほかの高校生ではなしえない「自分だけの経験」を積み、英語力を飛躍的に伸ばしているのです。

メリット

  • 長期的な留学が可能(夏休みや春休みだけではない)
  • 留学をしながらのスクーリングで高校卒業資格+高い英語力が身に着けられる

この2点は通信制高校に通う人にしか達成することができません。

↑このページのTOPへ

高校生の留学の壁 1「留学費用」

留学費用

高校の中には既に海外の高校や、語学学校と提携を組んでおり、留学の紹介をしている学校もありますが、そのほとんどが「欧米」の語学学校になります。

欧米への留学のあこがれもありますが、

  • 英語力がないと生活全般が不安!
  • 欧米での留学は費用が高い!
  • グループ授業では英語を話す機会が少ない!

などの不安があります。

この不安をすべて解消し、安心安全で費用対効果の高い留学先がフィリピンなのです。格安のフィリピン留学を通して人生の大きなステップを作ることができるのです。

でも、フィリピンは治安の面で少し心配・・・

昨今、フィリピンでのニュースを見る限りでは、長期間の留学をするには少し心配ですよね。ですが、こちらのプログラムでおすすめする学校はフィリピンの中でも断トツに治安のよいとされるクラーク地区に位置しています。学校の警備体制も24時間で着いていますので、ほかの国での留学よりもはるかに安全な環境です。

フィリピンで英語力アップ

グループクラス

想像してみてください、グループクラス(先生一人対生徒10名程度)の中で、多くの生徒の前で英語を話せますか?なかなか難しいと思う方が多いのではないでしょうか?

日本人は元来シャイな性格なため、大勢の前で英語を話すことにかなりの抵抗感を持ちます。そんな環境で英語を勉強したところで、本当に英語は伸びるのでしょうか?

高校生という難しい年代では特に恥ずかしい気持ちが勝るかもしれません。だからこそフィリピンでのマンツーマン授業は個々人のレベルに合った授業展開と、一対一の授業形態は、英語力の向上にかなり大きな効果があるのです。

自分に合ったレベルで、自分のスピードで学べるマンツーマン授業があるフィリピンだからこそ、留学先としてかなり注目されているんですね。

↑このページのTOPへ

高校生の留学の壁 2「言葉の壁」

言葉の壁

高校生もしくはその保護者が留学を考えた時にもう一つ心配に思うことは「言葉の壁」です。留学に行かせられるだけの経済力に対する不安と、加えて、英語力がないことに対して、現地での生活に不安を感じたり、授業についていくことに不安を感じるなど、語学力に関する不安が大きいようです。

確かに・・・

欧米

町の人はみんな英語を話し、日本十も少ない環境で英語を学習することになるんじゃないだろうか・・・

英語がうまく使えないことで何か事件に巻き込まれたり、生活に不便を関してしまうのではないか・・・

など、不安に感じることは多いのかもしれません。

しかし・・・

フィリピン

フィリピン
  • 英語力初心者の人がほとんどの学校環境
  • 英語が話せなくても生徒のレベルに合わせたマンツーマン授業
  • 欧米よりも日本人が多く、生活、勉強に関して頼ることができる
    (学校には日本人スタッフが常駐)

英語を学ぶことができるどこの国よりも、英語力初心者の人向けの留学先がフィリピンなのです。留学をするにあたって必要な英語力は全くありません。【誰でも】留学できるのがフィリピン留学の魅力の一つでもあります。

英語力に自信のない人だからこそ向いているフィリピン留学。
むしろ初心者の方が多いのがフィリピン留学なのです。

↑このページのTOPへ

高校生の留学OKのフィリピンの語学学校

Philippinesフィリピン セブ島

Philinter Center for English Language

フィリンター / Philinter Center for English Languageの外観

環境と校舎設備はセブ随一。幅広い年齢層が大満足の徹底した指導内容で、常に満員の人気校。

滞在1週間~:費用93,200円~

Philippinesフィリピン(クラーク特別区)

GS / Global Standard English Language School

グローバルスタンダードの外観

日本人生徒が希少のクラーク特区内にある学校。勉強に集中できる環境と内容です。

滞在1週間~:費用99,500円~

Philippinesフィリピン セブ島

C2 UBEC Academy

C2 UBEC アカデミー

どこよりも貪欲に英語の学習ができる環境。ほとんどの講師がTOEIC 900点講師歴も2年以上。

滞在1週間~:費用33,800円~


↑このページのTOPへ

フィリピン留学 高校生のためのプログラム紹介

通信制高校×フィリピン語学留学プログラム

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了