本文の開始

アメリカ名門大学への編入 - なぜアメリカでは編入制度が発達しているのか?

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ名門大学への編入 > なぜアメリカでは編入制度が発達しているのか?

なぜアメリカでは編入制度が発達しているのか?

アメリカでは単位認定団体による単位認定制度が極めて発達しており、アメリカではどの大学であっても、授業での学習内容や学習進度、授業や試験の難易度がほとんど同じとなっています。そのため、ある大学の心理学101と、別の大学の心理学101はほとんど同じ内容になっているため、同じ単位として認定することが可能となるのです。特にアメリカの大学では、最初の2年強は教養系単位を履修していくことになるため、どの大学の学生も履修している授業内容はほとんど同じです。

どの大学でも同じ内容を学び、成績の付け方や難易度も同程度ですから、A大学で良い成績を修めた人は、当然ながらB大学でも良い成績を修める可能性が極めて高いです。そのため、アメリカのほぼ全ての大学が、別の大学で良好な成績を修めた学生を積極的に編入生として受け入れています。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了