本文の開始

WES申請方法

高校や大学の成績をアメリカ流に換算してもらうためのWESの申請方法を、以下にご案内します。2015年3月5日現在の方法をご紹介しますが、あくまで参考情報ですので、申請される際にはご自分でWES公式サイトをよくご確認の上、ご自分の責任で申請してください。

WES公式サイトを訪問

以下WES公式サイトを開いてください。

http://www.wes.org/

以下のようなトップページが表示されます。

WESトップページ

コース・費用の確認

学生向けページである「For Students」をクリックします。
http://www.wes.org/students/index.asp?

For Students

「Fees」をクリックします。
http://www.wes.org/fees/schedule.asp

Fees

希望するコースの費用を確認します。

コースの費用

WES ICAPとWES Basicの2通りがありますが、WES ICAPをおすすめします。WES ICAPのプランですと、学校からWESに送られた成績証明書を、WESの換算後にWESの換算結果表とともに希望の大学に発送してくれます。また、信用評価の記録を永久に保存してくれます。一方、WES Basicでは成績証明書原本を改めてご自分で希望大学に発送しなければいけませんし、しばらくすると換算した記録が処分されてしまいます。

WES ICAPの中でも複数のプランがありますが、大学の成績をWES換算してもらう人はCourse-by-Courseを選択してください。Document-by-Document Evaluationは卒業証明書の証明しかしてくれませんし、CPA Board EvaluationはUS CPA(米国公認会計士)用のプランですので、関係がありません。Course-by-Courseでは、各コース毎の成績をアメリカ流に換算し直してくれますし、アメリカ流のGPA換算結果も記載されます。ただし、高校の成績のみをWES換算してもらう場合は、Course-by-Courseは利用できないためDocument-by-Documentを選択してください。

Duplicate Report(複製レポート)

換算結果のレポートを、複数の大学に発送してもらう場合には、追加する発送先大学毎にDuplicate Report(複製レポート)の費用が発生します。

信用評価

以上の箇所は後日追加で信用評価をしてもらう場合のものですので、最初に申請する際には無視してください。

発送方法

WESの換算結果レポートを受け取る際の発送方法によって、費用が異なります。通常の発送方法であるStandard Deliveryでも発送はできますが、紛失のリスクがあるためご自分でWESレポートを受け取る際にはInternational Courier serviceを選択されることをおすすめします。発送先大学への発送に関しても、追跡機能のあるCourier Deliveryプランの中から選ぶことをおすすめします。

書類確認

今度はWESのオンライン申請後に、学校から発送してもらうことになる各書類を確認します。
「Required Documents」をクリックします。
http://www.wes.org/required/

Required Documents

「Select country of education」プルダウンをクリックし、「Japan」を選択します。

Select country of education

大学での成績を換算してもらう場合には「Higher Education」、高校での成績を換算してもらう場合には「Secondary Education」の左側にある「+」をクリックし、必要書類を確認します。

Higher Education

大学と高校どちらの成績換算の場合も同様に、必要な書類としては英文卒業証明書(Graduation Certificate / Diploma)英文成績証明書(Academic Transcript)があります。また、忘れがちなのが「academic records request form」です。このフォームの上部「A. For Applicants」はWES換算を希望するご自分が書く欄、下部「B. For Authorized Officials」は上部の記入内容を受けて、WESに卒業証明書や成績証明書を送る学校スタッフが記入する欄です。このフォームを、学校スタッフに卒業証明書や成績証明書と一緒に大学に送ってもらう必要がありますので、忘れずに準備してください。

「Where to Send Documents」には、学校スタッフからWESに卒業証明書や成績証明書、academic records request formを送ってもらうWESの宛先が記載されています。卒業証明書と成績証明書は全て学校専用の封筒に、厳封した状態で、academic records request formを同封の上送ってもらう必要があります。卒業証明書と成績証明書はWESレポートを提出する大学の数だけ送ってもらうと安心ですが、WESから電子レポートのみを受け取る大学も少なくないので、基本的には1通あればよいと思います。

紛失を防ぎ、大学への到着日時を追跡できるように、学校スタッフからWESに書類を送付してもらう際には、EMSなど追跡サービス付きの速達便で発送してもらうことを強くおすすめします。学校スタッフがEMSなどのサービスを利用することができない場合には、学校スタッフに許可をもらって、WES申請者ご自身が学校スタッフの名前でWESに書類を送付するなどの工夫をすることをおすすめします。EMSなどを利用する場合には、「By Courier」と記載された右側の速達便用の住所宛に発送してください。なお、大学に1年以上在籍経験のある方は、原則として高校から英文高校卒業証明書や英文高校成績証明書などをWESに送ってもらう必要はありません。逆に、大学に1年未満のみ在籍した経験のある方は、通常高校と大学の両方からWESに必要書類を送ってもらう必要があります。

約款確認

オンライン申請を始める前に、WESの約款(Terms and Conditions)を確認します。
「Apply Now」をクリックします。
http://www.wes.org/application/apply_now.asp

Apply Now

「Terms and Conditions」をクリックします。

Terms and Conditions

以下のポップアップ画面が表示されます。シンプルな内容ですが、一応目を通しておきましょう。

Required

アカウント作成

それでは、オンライン申請を進めていきましょう。
「Click here to apply online」をクリックします。

Click here to apply online

アカウント作成ページに遷移しますので、必要情報を入力し、「Create an Account」をクリックします。
このページ以降、画面上で入力している情報はサンプルデータですので、ご自身の状況に合わせて情報を入力していってください。
「Create an Account」をクリック後、WESから自動送信メールが届きます。

Create an Account

「Personal Info」では、一般的な個人情報を入力します。
入力後は「NEXT」をクリックします。

Personal Info

「Your Education」では、学歴情報を入力します。
入力後は「NEXT」をクリックします。
これ以降の各ページには「Save and Return Later」のボタンがあり、クリックすると入力した情報を保存しておくことができます。

Your Education

「Your Evaluation」では、希望するWESのサービス内容と送付先大学を入力します。
「What is the primary purpose for this evaluation?」では「to continue my education」を選択します。
サービスは「WES ICAP」の「Course-by-Course」を選択します。
「ADD ANOTHER RECIPIENT」をクリックし、WESレポートを送付する大学を選択します。
入力後は「NEXT」をクリックします。

Your Evaluation

「Services & Fees」では、希望するWESレポートの発送方法を選択します。
「Evaluation Report to Be Sent to You」では、「International Courier ($60)」を選択することをおすすめします。
Additional Recipientでは、「Track your order」の中から、希望発送所要時間を選択します。
入力後は「NEXT」をクリックします。

Services & Fees

「Payment Info」では、費用の支払い方法を選択します。
「Select payment method」では、「Credit Card」が便利でおすすめです。
入力後は「NEXT」をクリックします。

Payment Info

「Review & Submit」では、申請内容の確認をします。
「Review your application」をクリックすると、別画面が開き、これまでの入力内容を確認することができます。
チェックボタンにチェックを入れ、「Submit Application」をクリックします。

Review & Submit

遷移した以下の画面で、WES費用を支払うためのクレジットカード情報を入力します。
「Country」のところで「Japan」をクリックすると、上の「State」入力箇所が消えます。
必要情報を入力後、「Submit Payment」をクリックすると、支払いが完了します。

クレジットカード情報

これでオンライン申請は完了です。

書類送付

オンライン申請後は、「書類確認」の段階で確認していたWESへの送付書類を再確認します。

英文卒業証明書(卒業済みの場合)と英文成績証明書、academic records request formの提出が要求されている場合は、この3つの書類を高校や大学から直接、学校専用の封筒に厳封にて、出願先大学に送ってもらう必要があります。詳しくは「書類確認」の箇所を再確認してください。

待つ⇒届く

待つ

学校にお願いして必要書類をWESに発送してもらったら、WESレポートが送られてくるまで待つことになります。学校に書類の発送状況を追跡するトラッキング番号を教えてもらい、発送状況を確認してください。全ての必要書類がWESに届くと、WESの方で基本的に7営業日以内にWESレポートを作成してくれます。提出書類の内容等によっては、7営業日以上の期間を要することもあります。レポートが作成されると、WESはこのレポートを申請者ご自身や送り先の大学に発送してくれます。WESの公式サイトで個人アカウントにログインすると、WES利用の進捗状況を確認することができますので、頻繁に確認するようにしましょう。また、WESから提出書類の不備等に関するEメールが送られてくる可能性がありますので、登録しているEメールアドレスを頻繁に確認し、英語のメールだからといって無視しないようにしましょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了