本文の開始

留学HOME > アメリカ大学奨学金留学プログラム > 事前英語研修 > 日本人の大学留学に向けた英語学習よくある失敗

日本人の大学留学に向けた英語学習よくある失敗

以下、大学留学に向けた英語学習で失敗し、結果的に大学留学自体に失敗する日本人によく見られる典型的な例です。

高校・大学生活が忙しいから、時間ができてから英語学習しよう

結果⇒いつまでたっても時間が作れず、英語の勉強が進まないため留学断念
大学留学を実現する人たちは、優先事項を明確にし早期に英語学習を開始します

今は自信がないから、TOEFL受験を先延ばしにする

結果⇒自信が付いたところで受験したはずが、イメージと大幅に異なり惨敗
高いTOEFLスコアを取れる人たちは、早期受験で実力を把握して今後の計画を立てます

留学すれば英語が伸びると考え、日本で英語の勉強をしない

結果⇒留学先でESLコースに1〜3年かかってしまい、お金が尽きて途中帰国
大学留学で成功している人たちは、日本にいる間に本気で英語の勉強をしています

TOEFL対策の海外留学や通信講座を利用せず、自力でTOEFL対策

結果⇒日本特有の英語学習を継続してしまい、TOEFLスコアが全く伸びず無駄な年月と生活費だけ発生
TOEFLスコアが劇的に伸びる人たちは、正しい方法でこつこつ英語学習しています

進学先大学が要求するTOEFLスコアが取れたため、英語学習をストップ

結果⇒大学入学時の英語プレイスメントテストで不合格となり、学部課程に入れずESLコースから学期開始
最初から学部課程に入れる人たちは、渡航の直前まで英語学習を継続しています

TOEFLスコアはぼろぼろだがIELTSスコアが取れたので最難関大学に進学

結果⇒入学早々に周りの学生の優秀さに圧倒され、英語力の無さに劣等感を得てたちまち落ちこぼれに
大学留学で成功している人たちは、無理せず背伸びせず着実に成長していきます

お金がないが、通信講座にアレルギーがあり自力でのTOEFL学習に固執

結果⇒2度と戻らない人生の貴重な時間と資金を浪費してしまい、自信がなくなり留学断念
最安値の大学留学に成功した人たちは、実績あるTOEFL通信講座で学んでいます

大学留学の準備として、とりあえず英会話塾に通う

結果⇒TOEFLスコアが伸びず、進学先大学のESLコースでも修了までに予想外の時間がかかる
大学留学で好成績を収める人たちは、第一に英語の読み書き能力を磨いています

自力で留学資金を貯めるためにバイトに没頭する

結果⇒大してお金が貯まらず英語力もちっとも伸びず、いつまでたっても留学できない
大学留学を実現する人たちは、両親から留学費用を出してもらい全力で勉強に励みます

TOEFL ITPばかり受けて肝心のIBT公式試験を受けない

結果⇒遂にIBTを受験したところ、ITPとの違いが多すぎ手も足も出ず
TOEFL IBTでスコアを取れる人たちは、目標のIBTへ向けて早期に対策を開始しています

希望大学の最低要求TOEFLスコアが61点なので61点取得を目指す

結果⇒運よく学部課程から開始しても、英語力が根本的に足りず単位を落とし成績もぼろぼろに
大学留学で成功している人たちは、要求スコアに関わらずTOEFL80点以上を目指します

今から半年勉強すればTOEFL20点スコアアップするだろうと考える

結果⇒ざっくり計画でなんとなくTOEFL対策し、スコアが伸び悩む
TOEFLスコアを伸ばす人たちは、具体的に何時間何分勉強すればよいかで計算します

リーディングとリスニングばかりしてライティングやスピーキングは後回し

結果⇒アウトプットが足りない偏った英語学習により、英語で考える力がつかない
大学留学で成功している人たちは、日本の教育で足りないアウトプット中心に勉強します

PC費用を節約するために市販の書籍だけでTOEFL対策

結果⇒TOEFLのエッセー問題でタイピングができず散々なスコアに
大学留学で成功する人たちは、タイピングのエキスパートです

大学入学時までにTOEFLスコアを取れれば学部課程に入れると勘違い

結果⇒出願時にTOEFLスコアが間に合わず、ESLコースで留学開始または出願大学変更
希望の大学に合格する人たちは、出願要件を意識し早期にTOEFLスコア取得を目指します

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了