本文の開始

海外留学をする

日本人としてすでにアメリカに留学しているにも関わらず、アメリカからさらに海外留学するというのも変な感じがするかもしれません。ですが、アメリカは世界最大の経済大国ではあっても、世界の全てというわけではありません。日本からアメリカに留学することで、世界観は点から線にすることができますが、また別の国に留学をすることで、線から面にすることができます。アメリカの各大学は海外の大学への交換留学プログラムなどを持っていますので、利用を検討してみるとよいでしょう。

日本の大学では1年単位の留学がメインですが、アメリカの大学では1学期単位での留学がメインです。海外留学プログラムは各大学や専攻によって参加可能なものが異なり、通常一定のGPA基準を満たしている必要があります。参加定員がありますので、早めに動きましょう。海外留学プログラムの種類としては、自分の大学が直接開催する場合と、ホスト大学において現地の通常授業を受ける場合があり、前者の場合は通常アメリカ流の教育を受け、後者の場合は現地国流の教育を受けることになります。

海外留学はメリットが大きいですが、当奨学金留学プログラムを通してアメリカの大学に留学している場合は、奨学金を受けているそもそもの理由はアメリカの大学の国際化に貢献することですので、他の国に留学している間は奨学金がもらえなくなる可能性があります。在籍している大学が海外留学中にも奨学金を支給してくれるのか、どの専攻なら奨学金を支給してくれるのか等、よく確認してください。

海外留学がしやすいおすすめの時期は、夏学期です。夏学期の場合は秋学期や春学期と異なり、通常は当奨学金留学プログラムの奨学金支給対象外になりますし、履修してもしなくてもよい自由な学期です。この期間を生かして海外留学をすることで、さらなる国際経験を積み、大学単位を積み上げることができます。

おすすめの交換留学プログラムとしては、USACがあります。USACを通して毎年アメリカの何百という大学の学生が海外の50大学近いロケーションに海外留学をしています。参加費用の高い留学先もありますが、タイやインドなどの新興国であれば格安で留学することが可能です。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了