本文の開始

当奨学金留学プログラムでの奨学金に加えて、留学費用を節約する方法

当奨学金留学プログラムでは、他ではありえないような莫大な奨学金を受給しながらアメリカの大学に通うことを可能にしています。しかしながら、これだけ多額の奨学金を手にしていても、できればさらに留学費用を節約したいと考える人はたくさんいます。そこで、留学費用を節約する方法をまとめましたので、以下をぜひ実行に移すとよいでしょう。

レジデントアシスタント(RA)になる

レジデントアシスタントとしてレジデンスの管理や学生のサポートをすることで、寮費や食費が無料になったり、無料に近いほど減額されます。当奨学金留学プログラムを通して進学する大学では、通常レジデンス滞在が義務付けられていますので、
このチャンスを生かしてレジデントアシスタントになりましょう。

単位をたくさん取って最短期間で卒業

単位

アメリカの大学は完全な単位制ですので、卒業に必要な単位を取り終わり次第、卒業することができます。卒業時期が早まれば早まるほど、現地での授業料や生活費を節約することができます。

当奨学金留学プログラムを通して進学する大学の多くは私立大学であり、州立大学と異なり12〜19単位程度までは同じ授業料で単位を取得することができますので、毎学期18〜19単位程度を取得し続けるとお得です。

大学の夏学期や冬学期は履修を義務付けられていませんが、こうした学期にも単位を取り続ければ、その分早く卒業することができます。自分の大学で夏学期や冬学期が開講されていない場合や、取りたい単位が希望のタイミングで開講されていない場合には、他の大学の単位を通学なりオンラインなりで取得することもできます。このように、あの手この手を尽くして年間54〜60単位ほど取得していけば、2年半で卒業することができます。

さらに、大学単位認定試験であるCLEPを受験していくことで、大学入学前から大学の教養単位を取得することができます。CLEPを利用すれば多くの大学で30単位までは認めてもらえますので、うまくいけば2年間で十分にアメリカの4年制大学を卒業することができます。

ただし、単位を詰め込んで取得することは、高いGPAを維持することを難しくしますので、世界でも有数のトップスクール大学院に進学したいような人は、ここまでの無理をすべきではないでしょう。

大学間スポーツチームに参加してスポーツ奨学金を追加受給

アメリカの大学間スポーツは日本以上に盛んであり、各大学は各大学アスレチックチームで活躍してくれる優秀な人材を常に求めています。大学アスレチックチームに参加する選手は、各大学の代表として試合に臨んでいるのですから、実績さえ出せれば当然ながら大学からスポーツ奨学金をもらうことができます。当奨学金留学プログラムを通してアカデミック奨学金を受給し、さらにスポーツ奨学金を受給するとなると、留学費用のほとんどは奨学金でカバーされる可能性があります。アメリカのバスケットボールはさすがに日本とは次元の異なる競技レベルにありますが、それ以外で興味のあるスポーツがあれば、積極的に検討してみましょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了