本文の開始

健康増進に励む

アメリカの大学に留学する日本人がおろそかにしがちなのが、健康管理です。日本人は日本で比較的健康的な食事に慣れていますし、アメリカの大学食堂で食べる食事にはボリュームがあることが多く、つい残さず食べようと無理をすることで太ってしまいがちです。特に日本人留学生が留学1年目で5〜10kgほど体重を増やして夏休みに日本に一時帰国すると、見かけが大きく変わったことで家族がびっくりするというのは、よくあることです。

まずは食事管理に気を使いましょう。各大学によって出てくる食事は異なりますが、サラダなどの野菜をなるべく多く取り、炭水化物系や肉類の料理は、無理をせず必要な分だけ取るようにしましょう。また、定期的に運動もしましょう。各大学にはジムがあり、多くの大学では水泳やヨガなど様々なクラスを開講していますので、積極的に参加しましょう。大学間スポーツのような本格的なスポーツでなくても、大学内スポーツや体育会系サークルに参加することで楽しみながら汗を流すこともできます。さらに、アメリカの大学では勉強が大変ですので、つい睡眠時間を削ってしまいがちですが、睡眠不足は健康状態や学習効率に悪影響を与えますので、規則正しくしっかりと寝るようにしましょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了