本文の開始

アメリカの大学生活約4年間の主な流れ

アメリカの大学生活

まずは、アメリカの大学生活4年間の主な流れを確認しましょう。アメリカの大学は通常4年間で卒業するカリキュラムとなっていますが、実際に4年以内に卒業できる学生は現地ネイティブの学生を含めてもごく一部(半数以下)です。アメリカの大学に進学する日本人のほとんどは、日本の大学生活という安易な選択肢に流されずにあえてアメリカの大学を選んだ極めて優秀な学生たちですので、4年間での卒業はおろか2.5年ほどで卒業してしまう日本人もいます。ただ一方で、日本人学生は世界的に見て英語力が極めて低いため、学部課程の前にESL課程で半年〜1年ほど英語の学習に専念する学生も多いです。当奨学金留学プログラムでは事前英語研修を修了できなかった学生は渡航ができませんので、ESL課程は比較的短期で修了する学生がほとんどですが、そうした制約がなく留学していく日本人学生の中には、ESL課程だけで1〜3年ほどかかっているケースが少なくありません。

ESL課程

ESL課程

ESL課程は、学部課程についていくだけの英語力が不十分な留学生が履修する課程です。英語力によっては学部課程での授業をいくつか並行して履修できる大学もありますが、基本的には英語力の向上に専念することになります。他の留学生と仲良くなり、現地での生活に慣れる良い期間でもあります。ただ、ESL課程に在籍している留学生よりも、学部課程に在籍している留学生の方が優秀なことも多いので、留学全体の費用を節約するという目的だけでなく、よき仲間を作るという目的においても、ESL課程は最短期間で修了して早く学部課程に入れるように、英語の学習をがんばっていただくとよいでしょう。

学士課程1年目

ESL課程に入らず、最初から学士課程に入れた学生の場合は、この学士課程1年目が留学生活の初年度となります。慣れないことが多くて最初の3ヶ月程度はストレスがたまることも多いかもしれませんが、大学生活において極めて重要な人間関係を築いたり、自信を持って留学生活を送れるように最初から良好な成績を取っていけるように、スタートダッシュをしましょう。どうしても1年目は余り物の教養系授業しか取れませんが、気になる専攻の授業も履修してみるなど、今後の留学生活を見据えて授業を履修し、ペースをつかんでいきましょう。

学士課程2年目

2年目になると、アメリカの大学生活にも慣れてきて本格的に充実した日々を送っている頃だと思います。学業面では3年次の頃にはほとんどの人が専攻に入りますので、どの専攻に入りたいのかを真剣に考える時期になります。

学士課程3年目

3年目では正式に希望の専攻に入り、専攻向けの比較的専門性の高い授業を多く履修します。クラブ活動などをしていると、重要なポジションをまかされたりして忙しい時期になります。また、この時期には就職活動を意識し始める時期ですので、どんな業界、職種、企業に就職したいのかを考え、実際にインターンシップなどを通して見極めていく時期でもあります。

学士課程4年目

卒業

卒業する前の最終学年となる大学生活4年目は、学問的には在籍している専攻の総まとめとなるキャップストーン授業を含め、専攻内の様々な授業を履修します。少人数で議論中心のクラスであるゼミ形式の授業を履修するのもこの頃です。また、卒業後の就職に備えて、本格的に就職活動をする時期です。卒業後そのまま日本に戻る人はキャリアフォーラムなどのジョブフェアを中心とした就職活動をし、できれば卒業までには内定を獲得しておきましょう。アメリカ現地でOPT(Optional Practical Training)を使って1年間働くための就職先を探しましょう。大学院に進学したい人は大学院への受験をすることになります。卒業式は毎年5月にありますが、アメリカ大学留学の集大成である卒業式へはできる限り参加しましょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了