本文の開始

学生委員会に参加して大学運営をする

日本の中学校や高校にも学生委員会があるように、アメリカの大学でも学生委員会(Student Government)があります。学生委員会では今後の大学運営のあり方を決め、予算の範囲内で大学をよりよくするための様々な活動を行います。大学を代表し、学生委員会の議員(Senator)の1人として活動することはとてもやりがいがあり、日本人留学生として参加することで大学に在籍する留学生全体の意見を吸い上げるといった重要な任務も期待されますので、留学生にとっても十分に活躍のチャンスがあります。学生委員会の議員に選ばれるには、選挙に立候補して学生から多くの投票をしてもらう必要がありますので、大学の中でも顔が広いことは重要です。大学にもよりますが、多くの大学の学生委員会では、議員の大半がフラタニティまたはソロリティで活動しており、実質的に各フラタニティ/ソロリティの代表として学生委員会に参加していることが多いため、学生委員会で活動したい人で、フラタニティ/ソロリティが活発に活動している大学で勉強している人は、まずフラタニティ/ソロリティに入会するかどうかを真剣に検討してみるとよいでしょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了