本文の開始

アイダホ州の実績 奨学金留学プログラム

アイダホ大学(University of Idaho)

アイダホ州のNo.1研究型大学

アイダホ大学は、アイダホ州でもっとも歴史ある州立大学であり、アイダホ州でNo.1の研究型大学です。アイダホ大学は全米でもっとも優秀な高校生であるNational Merit Scholarsを多数受け入れており、その数はアイダホ州にあるその他の大学が受け入れている全National Merit Scholars数よりも多く、全米でもっとも優秀な高校生がアイダホ大学を選んでいることがわかります。アイダホ大学には200以上もの学生組織が活動しており、参加することができます。アイダホ大学が位置する街Moscowはアイダホ大学を中心とする典型的なカレッジタウンであり、ワシントン州立大学を擁する隣街のPullmanからは週末多くの学生が集まり、にぎわっています。大学の周囲には街のダウンタウンが広がり、病院やショッピングセンターがあり大変便利です。


アイダホ大学出身の主な著名人には、William Agee(Bendix Corporation CEO・Morrison-Knudsen CEO)、Frank Shrontz(ボーイングCEO)、Sharon Allen(Deloitte & Toucheチェアマン)、James F. Amos(アメリカ海兵隊総司令官)、Phil Batt(アイダホ州知事)、Roger Batzel(ローレンス・リバモア国立研究所ディレクター)、Terrel Bell(米国教育大臣)、Mary Brooks(アメリカ合衆国造幣局ディレクター)、Dale N. Bosworth(米国Forest Serviceチーフ)、Hamer H. Budge(証券取引委員会チェアマン)、Roger S. Burdick(アイダホ州最高裁判所長官)、Larry Craig(米国上院議員)、Daniel T. Eismann(アイダホ州最高裁判所長官)、Mark Felt(米国連邦捜査局副長官)、Abe Goff(米国下院議員)、Philip Habib(外交官)、Dirk Kempthorne(アイダホ州知事)、James A. McClure(米国上院議員)、Sarah Palin(アラスカ州知事)、Mike O'Callaghan(ネバダ州知事)、Jim Risch(アイダホ州知事)、Steve Symms(米国上院議員)、Herman Welker(米国上院議員)、Linda Copple-Trout(アイダホ州最高裁判所長官)、Michael Kirk(エミー賞12度受賞ジャーナリスト)、E. E. Smith(SF作家)、Kristin Armstrong(夏季オリンピック2度金メダリスト)、Dan O'Brien(夏季オリンピック金メダリスト)がいます。

都市名
Moscow(人口25,000人)
最寄の都市
Pullman(人口30,000人、車で10分)、Lewiston都市圏(人口60,000人、車で40分)、Spokane都市圏(人口540,000人、車で1.5時間)
創立年
1889年
大学タイプ
州立研究型大学
学生総数
12,000人
ランキング
U.S. News National Universities 第166位(2014-2015年)
学生教授比率
18:1
大学住所
875 Perimeter Drive MS 2282, Moscow, ID 83844-2282, USA
公式サイト
http://www.uidaho.edu/
US News
http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/university-of-idaho-1626
Facebook
https://www.facebook.com/uidaho
Instagram
https://instagram.com/uidaho/
Flickr
https://www.flickr.com/photos/uidaho/
Youtube
https://www.youtube.com/user/uidahovideo
Twitter
https://twitter.com/uidaho

アイダホ大学 動画紹介


奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了