本文の開始

アメリカ大学奨学金留学 - 数学(Mathematics)系専攻紹介

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ大学専攻一覧 > 数学(Mathematics)系専攻紹介

数学(Mathematics)系 専攻紹介

数ある専攻群の中で最も難易度が高くリターンの大きい専攻群の1つ、クリエイティブな人におすすめ

数学系専攻

数学は、数の背後にある原則を学んだり、原則を活用できるようになるための学問です。数学をビジネスなど実社会に応用できる人材は非常に限られているため、数学を活用できる人材は世界的に引く手あまたとなっています。数学専攻は無数にある大学の専攻の中でも、一般的にもっとも難しく、かつ卒業する学生の学力水準も最高レベルとなっているため、就職率や収入水準も最高レベルです。一般数学は非常にクリエイティブで知的魅力あふれる学問のため、芸術的感性の優れた人には非常におすすめです。数学を実社会に応用していきたい人には、応用数学や統計学といった専攻もよいでしょう。


応用数学(Applied Mathematics)

数学を社会に応用していくために必要なことを学ぶ専攻
応用数学

応用数学専攻は、数学を社会に応用していくために必要なことを学ぶ専攻です。数学はあらゆる側面で応用していくことができますが、応用数学で学んでいく内容は一般的に、数学と工学を足し合わせたような内容となっています。数学を通して社会で活躍していきたい人におすすめです。

向いている人

  • 数学で自然現象を解明したい人
  • コンピュータや機械の背後にある理論を理解したい人
  • 細かいことに注意できる人
  • 想像力豊かな人
  • 論理的に考えられる人
  • 数学が得意な人
  • 数字的分析が得意な人
  • チームワークを重んじる人
  • 忍耐強い人

大学選択の視点

  • 希望する方面の応用系授業はあるか?
  • 数学重視か、応用重視か?
  • 数学部の中でどんな専攻や授業を開講しているか?
  • 他の学部とどのような協力関係があるか?
  • 修士号取得プログラムはあるか?
  • 教授のリサーチプロジェクトに参加できるか?

よくあるキャリア

  • エンジニア
  • 統計学者
  • 保険数理士
  • 経営コンサルタント
  • 金融数学アナリスト
  • コンピュータ学者
  • 数学教師
  • ソフトウェア開発者

典型的なカリキュラム

【必要な単位数目安】

50~60単位

【必修科目】
  • 微積分学(Calculus)
  • 多変数の微積分学(Multivariable Calculus)
  • 線形代数(Linear Algebra)
  • 微分方程式(Differential Equations)
  • 離散数学(Discrete Mathematics)
  • データ解析(Data Analysis)
  • 抽象代数学(Abstract Algebra)
  • 数値解析(Numerical Analysis)
  • 複素解析(Complex Analysis)
  • 確率論(Probability Theory)
【選択科目】
  • 保険数理(Actuarial Science)
  • 古典力学(Classical Mechanics)
  • コンピュータサイエンス(Computer Science)
  • 経済学(Economics)
  • 流体力学(Fluid Mechanics)
  • 地球物理学(Geophysics)
  • 生命科学(Life Science)
  • 物理科学(Physical Science)
  • 論理学(Logic)
  • 数理生物学(Mathematical Biology)
  • オペレーションズ・リサーチ(Operations Research)
  • 確率論(Probability Theory)
  • 量子力学(Quantum Mechanics)
  • 相対性物理学(Relativity)
  • 社会科学(Social Science)
  • 統計学(Statistics)
  • システム理論(Systems Theory)
  • 数理経済学(Mathematical Economics)
  • 電子工学(Electrical Engineering)
  • データマイニング(Data Mining)
  • 組み合わせ解析(Combinatorial Analysis)
  • アルゴリズム(Algorithms)
  • 組み合わせ最適化(Combinatorial Optimization)
  • 物理数学(Physical Mathematics)

卒業生の非雇用率・平均収入(アメリカ)

4.4% $80,000

(ジョージタウン公共政策研究所"Hard Times to Better Times 2015 College Majors, Unemployment and Earnings")

当奨学金留学プログラムでのオファー数

来るが少ない

似ている他の専攻

  • コンピュータ科学/コンピュータサイエンス(Computer Science)
  • マネジメント情報システム(Management Information Systems)
  • 航空工学・航空宇宙工学(Aeronautical/Aerospace Engineering)
  • 統計学(Statistics)
  • 天体物理学(Astrophysics)
  • 応用物理学(Applied Physics)
  • 情報システム(Information Systems)
  • 経済学(Economics)
  • 会計学(Accounting)
  • 保険数理学(Actuarial Science)
  • 産業工学(Industrial Engineering)
  • マネジメント科学(Management Science)
  • 数学(Mathematics)

↑このページのTOPへ

数学(Mathematics)

数学的手法を用いて問題解決していく学問
数学

数学専攻は、数学的手法を用いて問題解決していく学問です。数学は非常に創造性溢れる学問のため、芸術・アートが好きな人におすすめです。近年ではコンピュータを使った数学手法が主流になっているため、コンピュータを活用して数学を学んでいく授業が増えてきています。数学専攻出身者はもっとも学力が高く、収入も良くなっています。

向いている人

  • 音楽や作曲が好きな人
  • 芸術が好きな人
  • 抽象的思考が得意な人
  • 知的好奇心が旺盛な人
  • パズルが好きな人
  • 哲学的な人
  • 細かいことに注意できる人
  • 想像力豊かな人
  • 論理的に考えられる人
  • 数学が得意な人
  • 数字的分析力がある人
  • 空間的思考が得意な人
  • 忍耐強い人

大学選択の視点

  • コンピュータをどのように授業に活用しているか?
  • コンピュータラボは最新か?
  • 学生はどんな数学コンテストに参加しているか?
  • 教授とリサーチする機会はあるか?

よくあるキャリア

  • 経営コンサルタント
  • 高校教師
  • 統計学者
  • 金融アナリスト
  • 大学教授
  • 保険数理士

典型的なカリキュラム

【必要な単位数目安】

36~50単位

【必修科目】
  • 微積分学(Calculus)
  • 線形代数(Linear Algebra)
  • 微分方程式(Differential Equations)
  • 確率論(Probability Theory)
  • 統計学(Statistics)
  • 多変数の微積分学(Multivariable Calculus)
  • 離散数学(Discrete Mathematics)
  • 複素解析(Complex Analysis)
【選択科目】
  • 現代の代数学(Modern Algebra)
  • データ解析(Data Analysis)
  • 整数論(Number Theory)
  • 近世幾何学(Modern Geometry)
  • 位相幾何学(Topology)
  • 数学史(History of Mathematics)
  • 金融数学(Financial Mathematics)
  • コンピュータサイエンス(Computer Science)
  • 一般物理学(General Physics)

卒業生の非雇用率・平均収入(アメリカ)

4.4% $80,000

(ジョージタウン公共政策研究所"Hard Times to Better Times 2015 College Majors, Unemployment and Earnings")

当奨学金留学プログラムでのオファー数

もっとも多い

似ている他の専攻

  • 経済学(Economics)
  • 物理学(Physics)
  • コンピュータ科学/コンピュータサイエンス(Computer Science)
  • 会計学/アカウンティング(Accounting)
  • 財政学/金融学/ファイナンス(Finance)
  • 情報システム(Information Systems)
  • 音楽理論・作曲(Music Theory and Composition)
  • 哲学(Philosophy)

↑このページのTOPへ

統計学(Statistics)

数字のデータや情報を活用する実践的な学問
統計学

統計学は、数字のデータや情報を活用する実践的な学問です。統計学は全ての研究活動において中心的な技術であるのと同時に、ビジネスなど社会でも広く使われている通り、非常に利用範囲の広い学問となっています。数学とコンピュータの両方を徹底活用しながら、情報をもっとも効果的に活用する術を学びます。統計学を仕事にする人は、数学とコンピュータに関する深い理解と同様に、コミュニケーション力や作文力、チームワークも必要です。統計学専攻は教養学部に設置されていることが多いですが、ビジネス学部や工学部、数学部に所属していることもあります。

向いている人

  • 数学が得意な人
  • 物事を改善するのが好きな人
  • 数字に強い人
  • パズルが好きな人

大学選択の視点

  • 大学院進学の準備に向いているプログラムか?
  • 統計学関連の授業はどの程度の頻度で開講しているか?

よくあるキャリア

  • 保険数理士
  • データアナリスト
  • 統計学者
  • 統計アナリスト
  • 統計プログラマー
  • 大学教授
  • コンピュータプログラマー
  • 市場リサーチャー
  • 数学者

典型的なカリキュラム

【必要な単位数目安】

40単位

【必修科目】
  • 統計学(Statistics)
  • データ計算(Computing with Data)
  • 確率(Probability)
  • 微積分学(Calculus)
  • 多変数の微積分学(Multivariable Calculus)
  • 線形代数(Linear Algebra)
  • コンピュータサイエンス(Computer Science)
  • データ解析(Data Analysis)
  • プログラミング(Programming)
  • 分散分析(Analysis of Variance)
【選択科目】
  • 確率論プロセス(Stochastic Processes)
  • 線形モデリング(Linear Modelling)
  • 時系列(Time Series)
  • 統計的予測(Statistical Prediction)
  • ゲーム理論(Game Theory)

卒業生の非雇用率・平均収入(アメリカ)

4.3% $85,000

(ジョージタウン公共政策研究所"Hard Times to Better Times 2015 College Majors, Unemployment and Earnings")

当奨学金留学プログラムでのオファー数

来るが少ない

似ている他の専攻

  • 会計学(Accounting)
  • 情報システム(Information Systems)
  • 遺伝学(Genetics)
  • 経済学(Economics)
  • 応用数学(Applied Mathematics)
  • 保険数理(Actuarial Science)
  • マネジメント科学(Management Science)

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了