本文の開始

アメリカ大学スポーツ奨学金留学ショーケース体験談 - 男子サッカー留学

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカスポーツ奨学金留学 体験談

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > スポーツ奨学金留学プログラム > ショーケース体験談一覧 > 男子サッカー留学


アメリカ大学スポーツ奨学金留学プログラムとは?

このプログラムはアメリカの大学が支給するスポーツ奨学金またはアカデミック奨学金と、アメリカの大学へ留学したい学生とを結びつけるプログラムです。このスポーツ奨学金プログラムでは、毎年7月にフロリダ州で開催されるショーケース(実技試験)での結果をもとに、複数の大学からスポーツ奨学金のオファー(奨学金額は最大で授業料・寮費・食費の100%)を受けることができます。万が一スポーツ奨学金のオファーが得られなかった場合にも、多額のアカデミック奨学金を受けてスポーツが盛んなアメリカの大学に進学することができます。そのため、アメリカ留学を希望する人たち(高校生・大学生・一般社会人)にとって、大きな経済的支援となっています。

スポーツ奨学金留学サッカーショーケース体験談

男子サッカー留学ショーケース体験談

色々な国の人達のレベルがみられて交流も持てた

アメリカ大学スポーツ奨学金02
  • 加瀬 タヒ さん
  • 出身校:聖和学園高等学校
  • スポーツ:サッカー
  • ショーケース参加:2015年7月
  • 留学開始予定: 2016年8月

フロリダでのショーケース参加前について

高校ではどんな学生生活を送っています(いました)か?

サッカー留学

学生のほとんどは県外からが多いので、色々な方言が飛び交っていてとても面白いです。

毎日充実した学校生活を送っています。

スポーツへはどの程度打ち込んでいましたか?スポーツでの実績があれば教えてください。

サッカー留学

小学2年生からサッカーを始めて、中学では3年間区の選抜選手としてプレーしていました。高校では、部活中心でプレーをしています。

なぜ日本の大学ではなくアメリカの大学を選んだのですか?

高校1年の時に、ブラジルに1ヶ月間サッカーの留学をしました。僕は彼らのサッカーに強い感銘を受けました。帰国後はもっとサッカーが上手くなりたい、海外でサッカーをしたい思いが強まり、大学は海外の大学に進むと決めました。色々調べて行くうちに、アメリカの大学はサッカー強豪校が多くあるのを知り、世界共通言語の英語も習得出来ることからアメリカの大学を選びました。

なぜスポーツ奨学金留学プログラムを利用したのですか?

スポーツ奨学金留学

アメリカの大学をウェブで調べていたところ、スポーツ奨学金留学プログラムを知り、これを利用出来るのなら、親の金銭的負担も軽くなると思ったからです。

ショーケース参加に向けてどのように準備を進めましたか?

事前英語研修で少し勉強しました。

ショーケース参加時の英語力はどの程度でしたか?

IELTS3.5と成績としては良くなかったです。

日常会話はある程度出来ました。

ショーケース中について

7月2日(木)

チェックインをして、同部屋のベネズエラ人(クリスティン)と仲良くなりました。午後3時からは居る人達だけで軽くサッカーのトレーニングをしました。

7月3日(金)

朝6時に起床し、クリスティンと朝食を食べに行きました。午後2時からショーケースがあり、サッカーの試合をしました。コーチが組んでくれたチームで沢山のコミュニケーションを取りました。

7月4日(土)

朝9時から10時まで大学についての説明があり、とても為になりました。午後2時からサッカーの試合がありました。スコアは1対1でした。

7月5日(日)

10時から昼までフリータイムだったので、クリスティンやその他の国の仲間達と仲良くなり、楽しいグループが出来ました。彼らはとても陽気でフレンドリーなので一緒にいて楽しかったです。

7月6日(月)

朝9時から11時まで大学の説明を受け、その後昼食をとりました。昼食はバイキング方式で料理がとてもおいしかったです。午後3時から軽めのストレッチで終わりました。

7月7日(火)

ユニバーサル・スタジオ・フロリダに行きました。ベネズエラ人4人、アルゼンチン人3人と日本人2人で遊びました。ここでコミュニケーションが沢山とれたので、良い機会でした。

7月8日(水)

10時から11時まで大学の説明があり、沢山の大学のパンフレットをもらいました。

午後5時半からサッカーの試合がありました。この日は沢山の自分の課題を見つけました。

7月9日(木)

午後2時半からショーケースがあり、4対0で勝ちました。この日が一番良いプレーが出来たと思いました。

7月10日(金)

午後2時半からショーケースがあり、試合の中でコミュニケーションがいかに大切かを感じました。自分の言いたいことが言えないと何も始まらないのでもっと英語の勉強をしたいと思いました。

7月11日(土)

午前中は大学の説明があり、入学するのに必要なことや、今後についての説明を受け、午後4時から最後のショーケースをしました。その後はみんなでビーチに行きました。

7月12日(日)

この日は皆と別れを告げ、チェックアウトをしてすべてのショーケースを終えました。


ショーケース後について

ショーケースを終えた上での感想を教えてください。

ショーケース

沢山の国の人とコミュニケーションを取ることが出来たので良い経験になりました。

フィジカルもレベルも高い人とプレーすることが出来たことはとても良かったです。

今振り返ってみて、ショーケース参加前にしておけばよかったと思うことはありますか?

英語の勉強をもっとしておくべきだったと思いました。

ショーケースへの参加を検討している方々に向けて、アドバイスをお願いします。

最初は不安しかなかったけど、行ってみるととても充実して楽しかったです。

色々な国の人達のレベルがみられて、交流も持てたので、ショーケースはまさに自分にぴったりだったと思います。ショーケースでは自分を再発見出来るので、ショーケースを検討している方は、是非参加して肌で感じて来て欲しいと思います。

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981


ページの終了