本文の開始

アメリカ大学奨学金留学 コミカレ留学- コミュニティカレッジに通う学生

海外留学を斡旋・手配・手続き代行。説明会・セミナーを開催。
奨学金留学・語学留学・大学留学・格安留学・アメリカ留学・フィリピン留学など。

アメリカ大学奨学金留学プログラム

海外留学のグローバルスタディトップ > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ2年制大学コミュニティカレッジ(コミカレ)留学 > コミュニティカレッジに通う学生


コミカレから4年制大学への編入&奨学金プログラム説明会

アメリカの2年制大学 コミュニティカレッジに通う学生

コミュニティカレッジに通う学生

コミュニティカレッジは、「コミュニティ」のためのカレッジです。ですから、コミュニティカレッジが存在する目的は、学校が位置する周辺コミュニティへの貢献にあります。通う学生のほとんどは地元に住む学生であり、各学生は主に自動車を使って通ってきます。バスが走っているコミュニティカレッジの場合は、バス通学をしている学生も一部います。

コミュニティカレッジに通う学生のうち、フルタイムで通う学生は約30%であり、残りはパートタイムまたはパートタイム未満で学んでいます(American Association of Community Colleges)。つまり、日本の短期大学に通っているようなフルタイム学生は、アメリカのコミュニティカレッジでは3割程度しか在籍していないため、日本の短期大学をイメージしてコミュニティカレッジに進学すると、ギャップの大きさにショックを受けることになります。

フルタイム学生のうち、フルタイムで仕事をしている人が22%、パートタイムで仕事をしている人が40%です(American Association of Community Colleges)。またパートタイム学生のうち、フルタイムで仕事をしている人が41%、パートタイムで仕事をしている人が32%です。働きながら通う社会人学生が多いのが特徴です。

コミュニティカレッジで学んでいる学生の多くは、授業のときだけ学校に来て、その後すぐに仕事に戻ってしまうため、コミュニティカレッジの学生でクラブ活動に参加する学生はほとんどいません。

例えば、4年制大学であるカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA、学生数約43,000人)には1,151ものクラブが活動していますが、最寄にあるサンタモニカカレッジ(学生数約30,000人)では、69クラブしか登録されていません(各校公式ウェブサイトを参考にした2016年6月弊社調べ)。

授業が開講されている昼間の時間帯は、学生でにぎわうこともありますが、ほとんどの授業が終わる午後5時頃までには学生はキャンパスを去ってしまい、ほぼ無人となり静寂が漂うのが一般的な光景です。

コミュニティカレッジに通う学生のうち、黒人が14%(州立4年制は11%)、ヒスパニックが22%(州立4年制は13%)と高く、逆に白人は49%(州立4年制は58%)と4年制大学におけるそれよりも低くなっています(College Board)。4年制大学と比べて、マイノリティの学生が多いことがわかります。

コミュニティカレッジに通う学生のうち、36%の学生の家族収入が$20,000(日本円で約200万円)未満となっています(コロンビア大学Community College Research Center)。コミュニティカレッジはアメリカの貧困層の学生を主に迎え入れていることがわかります。

コミュニティカレッジに在籍している学生の数は、2014年秋学期の段階で1230万人となっています(American Association of Community Colleges)。このうち、留学生の数は91,648人です(Institute of International Education)。つまり、コミュニティカレッジで学ぶ学生のうち、留学生の割合は約0.7%に過ぎません。4年制大学を含めた全米の高等教育機関で学ぶ学生のうち、同じ2014年において留学生の割合は4.8%ですから、コミュニティカレッジには留学生が相対的に見て非常に少ないことがわかります。

コミュニティカレッジで学ぶ学生の平均年齢は29歳です(American Association of Community Colleges)。高校卒業と同時に入学し、数年後には卒業していく学生が大半を占める4年制大学と比べると、学生の年齢層は高くなっています。

以上をまとめると、以下がコミュニティカレッジで学ぶ主な学生像です。

  • 周辺住民
  • 働きながら学んでいる学生
  • 年齢層が高め
  • 貧困層の学生
  • 白人以外のマイノリティが多い

なお、後述するように、コミュニティカレッジはオープンアドミッション制度を採用していますので、入学してくる学生は学力格差の大きいアメリカの中でも、とりわけ低学力層の学生が中心になる傾向にありますので、この点も留意すべきと考えられます。


留学生比率

参照:2016 FACT SHEET, American Association of Community Colleges、2016年8月8日データ抽出
参照:Open Doors Data Special Reports: Community College Data Resource International Students: Total Enrollment 2004/05 - 2014/15, Institute of International Education, Inc、2016年8月8日データ抽出
参照:Open Doors Data International Students: Enrollment Trends 1948-2015, Institute of International Education, Inc、2016年8月8日データ抽出

お問い合わせはお気軽に

  • 無料カウンセリング(来社・オンライン・電話)予約
  • 資料請求・メール相談
  • フリーダイヤル:0120-39-5057
  • 大阪デスク:06-7222-3981

↑このページのTOPへ


ページの終了