本文の開始

学生ビザ(F-1)申請・取得

パスポートの準備が終わり、進学先の大学から届いたI-20に間違いや不備がないことを確認したら、早速学生ビザの申請を開始しましょう。多くの学生がビザ申請をする8月入学の場合は特に、出発時期が近くなればなるほど、ビザ面接可能日の空き状況が厳しくなり、予約を取るのが困難になります。ビザ申請の手始めとして、米国国務省のビザ情報サイトを確認しましょう。他のどのウェブサイトよりも、数多くの正確な情報を収集することができます。

学生ビザ

学生ビザに関して理解が深まってきたら、ビザ情報サイトからビザ申請を始めましょう。要求される入力内容のボリュームが多いため、1時間半程度の時間はかかりますが、英文にマウスポインターを重ねると日本語訳が表示される機能もありますので、それほど難しくはありません。学生ビザのオンライン申請書(DS-160と言います)を提出したら、ビザ申請料金($160)とSEVIS費用($200)を支払う必要があります。SEVIS(学生・交流訪問者情報システム)とは、アメリカに留学している学生の情報を確認・追跡するためのシステムです。ビザ申請料金に加えて、SEVIS費用の支払いを忘れないように気をつけましょう。支払いが終わったら、ビザ面接の予約をします。予約をしたら、ビザ面接に持参する書類を準備し、面接日には忘れ物をしないように書類を持っていき、面接を受けます。面接時に問題がないと判断されるとその場でビザ発給の旨を通知され、約1週間後に、ビザ付きのパスポートがご自宅宛に返却されてきます。

学生ビザ面接の際に気をつける主なポイントとしては、以下があります。

1.忘れ物をしない

一方で、万が一忘れ物をしたとしても会場に行ってください。後日足りない書類を郵送することも可能です。

2.将来アメリカで働きたいか?働くつもりか?等と聞かれたらNO!と答える

この質問に対する回答がビザ却下の最大の原因です。

3.確実なことだけ答え、わからないところは日本語等で聞きなおす

最初にHelloと言われたときに、「こんにちは」と答えると、その後の会話を日本語でしてくれることもあります。


学生ビザを申請・取得する流れは、以下の通りです。

  1. 学生ビザ(F-1)申請
  2. F-1ビザ申請費支払い
  3. SEVIS費支払い
  4. 面接予約
  5. 面接用必要書類準備
  6. 面接
  7. ビザが届く

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了