本文の開始

留学保険 / 海外旅行傷害保険加入

留学保険

アメリカでは日本と異なり、病院で医療を受ける際の治療費は一般的に非常に高額となります。また、留学保険/海外旅行傷害保険なしの留学生活は非常にリスクが大きく、アメリカの大学に通う留学生は留学中の全期間に渡って保険にカバーされていることが義務付けられています。現在はほとんどの大学が自前で保険会社と提携して保険プランを用意しており、全留学生に対してその保険プランに加入することを義務付けています(つまり強制加入)。一方で、その他の大学に関しては、自前で保険を用意しているが渡航までに自分で保険に入ってきてもよい大学や、自前で保険プランを持たず、留学生が自分で保険を選んで加入することを要求する大学もあります。

アメリカの各大学が用意している強制加入となる保険プランの内容は、各大学によって大きく異なりますが、ほとんどの大学の保険プランは最低限の内容のみカバーしています。進学先の大学の保険プランが十分カバーしていると判断できるのであれば、その保険だけでも十分でしょう。ただし、実際にはカバー範囲が不十分だと考える人は多く、多くの日本人学生が各大学の保険プランとは別に、よりカバー内容やサポート内容の充実した保険に追加加入して渡航していきます。

日本で営業している保険会社の留学保険/海外旅行傷害保険では通常含まれているが、アメリカの大学が用意している保険には通常含まれない内容としては、以下があります。

  • キャッシュレスサービス(自分で医療費を払い後から保険分を返金してもらうのではなく、保険会社から直接病院に支払ってもらうサービス)
  • 日本語対応サービス(アメリカの大学の保険では、問い合わせても日本語対応のオペレーターがおらず英語で自ら解決しなければならなくなる場合が多い。保護者の関与も難しい)
  • 治療・救援費用無制限カバー(重大な事故があると、4000〜5000万円レベルの医療費等が発生することもある)
  • 控除免責金額なし(つまりアメリカの大学の保険では、$500〜10,000以下の医療費しかかからない多くの案件に関しては保険会社はお金を出さず自己負担とさせられる)
  • 診療毎の自己負担金なし(アメリカの大学の保険では、医師の診療を受ける度に数十ドルの自己負担金額の支払いが必要)
  • 個人賠償責任のカバー(アメリカの大学の保険は医療保険のため、誤って物を壊したときの賠償責任はカバーされない)
  • 年間の最大保険金支払額制限なし(アメリカの大学の保険は年間でカバーしてくれる最大金額に制限があることがほとんど)
  • 対応国・エリア無制限(アメリカの大学の保険では、大学周辺の病院、あるいはアメリカの一部地域にある指定の病院でしか保険がカバーされないことがほとんど)
  • 障害死亡(事故による怪我が原因で死亡したときに支払われる補償金)

グローバルスタディは、世界で広く使われているAIU保険の代理店となっており、加入いただくことができます。AIU保険はカバー範囲も広く、サポート体制もしっかりしているため安心です。留学保険は虫歯の治療などの歯科治療まではカバーしていないため、留学する前に虫歯の治療や、歯の予防治療などを全て済ませておきましょう。留学生活が始まってからは、毎日の生活が忙しくなると思いますが、留学保険の加入期間が途中で切れてしまわないように、留学保険の更新を忘れないように注意しましょう。留学保険を現地で何度も繰り返し利用していると、翌年度以降への延長を拒否されてしまうことも少なくないため、留学生活が数年間に及ぶことがわかっている場合には、その期間分を最初から加入しておくと、延長拒否をされる心配がなく安心です。長期での保険申込であっても、通常は予想よりも早く帰国した場合に途中解約をすることで、まだ経過していない期間分の保険料を返金してもらうことが可能です。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了