本文の開始

渡米までにした方がよいこと − 留学する約0〜4ヶ月前

住民票を抜く、海外転出届を出す

日本を1年以上離れる場合は、海外転出届けを提出して、住民票を抜いておかないと、住民税や国民年金、国民健康保険を支払う義務が生じます。住民票を抜いておくことを強くおすすめします。

運転免許取得

アメリカでは運転免許を取得する際、教習所に通う義務がないため、州にもよりますが日本よりもはるかに安く運転免許を取得することができます。ただし、教習所で学ばずに免許を取ることには当然それなりのリスクがありますので、日本で教習所に通った方が安心という方は日本で運転免許を取得してから、アメリカ現地でアメリカの運転免許に書き換えをするとよいでしょう。また、日本で取った運転免許証を使って一旦国際運転免許証を取得しておき、アメリカで様子を見て必要と思えばアメリカの運転免許証に書き換えるのもよいでしょう。

アメリカやアメリカの大学に関する理解を深め、心の準備をする

心の準備

やらなくても渡米自体はできてしまうため、おろそかになりがちだが最も重要な作業としては、心の準備があります。

アメリカは日本ではありません。アメリカの大学も日本の大学ではありません。これまで長い間日本で暮らしてきた日本人学生は、日本人だらけの大学に入学して日本人に囲まれて日々生活するのでもない限り、大きく異なる文化の中に突如として放り込まれ、適応していく必要があります。当然ながら、うまく行かないこと、困難なことに山ほど遭遇するはずです。そんなときにでも柔軟に対処し、留学の目的や目標に向けてまい進して行けるように、アメリカやアメリカの大学、特に進学先の大学に関する理解を深め、留学先の貴重な日々を通して最大限の実りを得られるように、心の準備をしましょう。

具体的に、かつポジティブな側面とネガティブな側面の両面から留学生活をイメージすればするほど、現地到着後のカルチャーショックを和らげ、有害なストレスやプレッシャーから解放されます。アメリカ現地での治安は流動的ではありますが、外務省海外安全ホームページに記載された情報を参考にするとよいでしょう。また、各大学に関する情報は、各大学の公式サイトに豊富に記載されていますし、大学公式FacebookやTwitter等、様々な情報源がありますので、活用しましょう。

前向きに、かつ慎重に、自信を持って留学し、留学生活を送れるように、事前の準備をしっかりしていきましょう。

CLEP

TOEFL iBTで80点以上を取得済みの人は、引き続き英語力の向上をしていくことが大事ではありますが、CLEP試験に向けた勉強をするのも非常に有意義でしょう。CLEPとは、CLEPの試験を受け、各大学が指定する一定以上のスコアを取得すると、その分が大学単位として認定されるというものです。詳細は「大学単位認定試験とCLEPについて」をご確認ください。アメリカの大半の大学がCLEP単位を受け入れており、一般的に30単位程度までは受け入れてもらえるため(つまりアメリカ大学留学の約1年分)、費用や時間を大きく節約することができます。

WES

WESとは、日本の高校・大学の成績を、アメリカ流の成績に換算してくれる機関です。WESを通した成績換算は、各大学への出願の際に提出することを要求する大学がほとんどですが、一部の大学ではESL課程から進学する学生に対しては、出願時の提出を要求せず、ESL課程から学部課程に進むタイミングで提出を要求しています。この場合でも、WES換算をするのは日本にいるうちにしてしまった方が、留学後が楽になりますので、早めに対応していきましょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了