本文の開始

アメリカ大学編入制度の使い道

アメリカの大学システムの大きな特徴である、編入制度の主な使い道には、以下があります。

より希望に合う専攻・カリキュラムのある大学に編入

今在籍している大学には希望の専攻がないため、その専攻がある、あるいはより充実している大学に編入するという人がいます。例えば、現在ホテル経営系のホスピタリティマネジメント専攻で学んでいる人が、もっと旅行系のホスピタリティマネジメントを学びたいために大学を転校するといったケースがあります。

学士課程の最初の2年間の費用を節約し、名門大学に編入・卒業

費用を節約

名門大学を卒業したいが、費用が高すぎるために最初の2年程度を授業料の安い大学で学び、その後単位を移行して名門大学に編入・卒業するというパターンです。学力優秀で名門大学に行きたいのだが、大金持ちの家庭に生まれなかったという学生が取るパターンの1つです。通常、優秀な学生は学部課程では普通の大学を卒業し、大学院で名門大学を目指すという人が多いのですが、学部課程での卒業大学を重視する人はこのパターンを取ります。

さらに費用が安い大学に編入・卒業

名門大学に編入するパターンとは逆に、教育水準を落としてその分費用が安い大学に編入するという人もいます。大学在学中に家庭の財政状況が悪化したといった場合に、私立の名門大学から地元の州立大学に編入する人は少なくありません。

より希望に合う大学規模の大学に編入

最初は大規模州立大学に進学したが、人間関係が希薄だったりクラス規模が大きすぎてしっかり学べないといったときに、寮制の私立大学に編入する人がいます。逆に、寮制の私立大学でしっかりと大学生活のペースをつかんでから、大都市の大規模大学に挑戦してみる、という学生もいます。オバマ大統領は後者の例です。

より自分に合う学力水準の大学に編入

今の大学では周りの学生の学習意欲が高くなくて不満があるという場合に、より優秀な学生が多い大学に編入するという人がいます。逆に、今の大学では回りの学生があくせくと勉強ばかりしていて窮屈だと感じ、もっと伸びやかに大学生活を送れる大学に編入するという学生もいます。

より自分に合う水準でスポーツができる大学に編入

スポーツ

アメリカでは、勉強に加えて課外活動なども積極的に取り組む、バランスのよい学生が尊ばれています。アメリカの大学で勉強もしっかりしながら、スポーツも取り組みたいという学生は多いです。今の大学では希望のスポーツのチームが弱くて物足りないために、もっと強いチームのある大学に編入する人もいますし、逆に今の大学だと活躍の場が不十分だという場合には、もっと活躍できる場所が用意されている大学に編入するという人もいます。

住んでみたい街やエリアにある大学に編入

多くの人は、住んでみたい憧れの街などを持っていると思います。そんなときはアメリカの編入制度を生かして、住んでみたい街にある大学に編入するというのも1つの方法です。最初は暖かいフロリダに留学し、その後シカゴの大学に編入するといったことも可能です。アメリカの中でも地域によって文化が異なったりもしますから、アメリカ内でも複数の文化を経験しておくことは、有意義でしょう。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了