本文の開始

アメリカ大学編入の基礎知識Q&A

編入制度とは何なのか?

アメリカ大学 編入制度

編入制度とは、ある大学から別の大学に転校(編入)することができる制度のことです。世界的には、伝統的に編入制度が存在しない、あるいはケースバイケースで運よく編入が許可されることがほとんどであるのに対し、アメリカの大学においては編入制度が極めて発展しており、編入制度を使って大学を転校することは当たり前の選択肢の1つとなっています。編入に当たっては、元の大学で取得した単位を転校先の大学の単位として移行し、移行した単位の分早く大学を卒業することが可能です。

アメリカでは280万人のうち3人に1人が少なくとも1回は編入した経験を持っており、さらに編入者の数は増え続けているとの統計があります(NACAC)。また、アメリカでは学生の60%が2つ以上の大学で学んだ経験を持ち、編入制度を通して複数の大学に通ったり、ある大学に在籍しながら最寄の大学や、遠方の大学のオンラインコースを同時に履修することも一般的になってきています。編入制度を活用した著名人には、オバマ大統領(オキシデンタルカレッジ⇒コロンビア大学)やシュワルツェネッガー(サンタモニカカレッジ⇒ウィスコンシン大学スーペリア校)がいます。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了