本文の開始

留学HOME > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ名門大学への編入について > 編入受験の際に大学が重視して見るのは何か?

編入受験の際に大学が重視して見るのは何か?

アメリカの大学に編入する際には、1年次学生としての出願時同様、試験を受けることはありません。書類審査だけで合否が決定されます。

出願書類の例は以下となります。

  • 学業成績(高校・大学)
  • エッセイ
  • 推薦状
  • SAT/ACTスコア
  • TOEFL/IELTSスコア
  • 学校リポート
  • 中間試験リポート

この際にもっとも重要なのは、大学での学業成績です。大学での成績が良好であれば、編入後も良好な成績を取り続けるであろうと判断できますので、大学での成績が極めて重要となります。州立の名門大学を含め、ほとんどの大学では大学でのGPA(評定平均)だけが考慮されますが、私立名門大学はどんな科目でどんな成績を取ったのか、学期当たりの履修単位数は多いか少ないか、成績は上がってきているか下がってきているか等、細かくチェックします。さらに、一部の私立名門大学は最新の成績にも非常に敏感ですので、出願前後に出た中間試験の結果レポートも提出させています。

英語試験

多くの日本人学生の場合、気になるのはTOEFLIELTSといった英語試験のスコアでしょう。アメリカの大学は、留学生であってもネイティブレベルの英語力は持った上で入学してくるのは当たり前といった考えがあるので、原則として各大学が設定する最低スコアを満たしてさえいれば、英語のスコアが合否を左右することはありません。ただし、逆に言えば各大学の最低スコアは足切り点ですから、最低スコアを満たしていない学生は自動的に不合格となるケースがほとんどです。

また、私立の名門大学の場合は出願者が完璧に近い成績を持った上で出願してくるのが当たり前ですから、大学での学業成績に限らず、様々な提出書類を細かくチェックし、TOEFLやIELTSのスコアが合否の判断材料として考慮される可能性もあります。名門大学に入学したいのであれば、TOEFL/IELTSも可能な限り高いスコアを取っておくとよいでしょう。

私立の名門大学は、高校での学業成績や、アメリカ版センター試験に値するSATACTのスコアも要求してきます。ただし、編入生の場合、これらは一年次入学生の場合ほどに重視されません。基本的には1年次入学生と同程度の学力を持っているのか、という参考程度の扱いでしかありませんし、編入元の大学に在籍する期間が長ければ長いほど、高校での学業成績やSAT/ACTの重要性は低くなります。

私立の名門大学はさらに、高校や大学からの学校リポートも要求することがあります。これは、各学校にいる間に良き学生であったかどうか、問題行動は起こしていないか、授業料の滞納などの問題もなかったか、といったことを確認するために要求されています。

エッセイ推薦状は、私立の名門大学に出願する際にはしばしば決定的に重要となります。私立の名門大学は、学生に求める理想像を予め定めており、この学生は本当に自分たちの大学が求める学生なのか、期待する活躍をしてくれるのか、この学生が求めていることは自分たちの大学で実現可能なのか、といったことを判断するためにエッセイを要求しています。また、どんな学生なのかということを多角的に判断するために、推薦状が重視されています。"

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了