本文の開始

留学HOME > アメリカ大学奨学金留学プログラム > アメリカ名門大学への編入について > 編入を前提で留学をする場合、最初の大学はどうやって選んだらよいか?

編入を前提で留学をする場合、最初の大学はどうやって選んだらよいか?

大学選び

別の大学に編入することを前提として留学を開始する場合、最初に留学する大学には4年制大学と2年制大学という2つの選択肢があります。

4年制大学の場合、教育水準が高いため授業の内容を理解しやすく、優秀なクラスメイトに囲まれているため良い学業成績を修めやすくなります。最悪編入がうまくいかなくても、同じ大学にそのまま在籍して卒業していくことが可能です。4年制大学では様々なアクティビティやクラブ活動が行われているため、大学生活に溶け込みやすくストレスも少ないというメリットがあります。ただし、高い教育水準を維持するために教授に高い給料を支払っているため、その分授業料も高くなります。

2年制大学(コミュニティカレッジ)の場合、教授の給料が低い分授業料が安いというメリットがあります。一方で、教育水準は典型的な「安かろう、悪かろう」で、名前を書けば誰でもクラス登録できるため、4年制大学に入学できない学力水準の学生がほとんどです。日本の短大をイメージして入学する日本人学生には、イメージとの差が大きいためショックを受け、早々に日本に帰国してしまう人も多いです。積極的に活動する学生が少なく、また働きながら授業を履修している学生も多いため、学内でのアクティビティやクラブ活動はほとんど行われていません。教授や周りの学生の水準が低いため、良い学業成績を修めるのが難しく、実際にアメリカ教育省の調査によると、2年制大学を3年以内に卒業する学生は、全体の20%しかいません。

日本の高校で5段階中3.0の成績もないという方は、2年制大学から進学して敗者復活戦に臨むしかないでしょう。一方で、平均以上の学業成績がある人の場合、名門大学に編入するには、4年制大学から留学生活を開始する方がはるかにオススメです。当奨学金留学プログラムでは、2年制大学より費用も安く、教育水準ははるかに高い4年制大学から留学を開始することが可能ですので、編入学を前提にアメリカ大学留学を考えている学生や保護者にとっても、大変人気があるプログラムとなっています。

奨学金留学説明会 アメリカ大学奨学金留学プログラム体験談

お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了