本文の開始

インド語学学校 Rose Mount's の体験談

インド語学学校の体験談

日本と違うところも多く、大変なこともあるかもしれませんが、日本でできない経験をしたい方や、日本と全く違う環境に行きたい方にはインドはお勧め

氏名:合田 真也 さん
出身校・職業:愛媛県立松山工業高校卒・IT関連職業
留学時期と期間:2016年8月の約5週間

【留学前について】

留学前はどんな生活を送っていましたか?

高校卒業後、企業に入社して働いていました。今回は語学留学に行く機会を会社からいただき、語学留学をすることとしました。なお、高校卒業後は英語の勉強はTOEIC対策勉強のみです。(留学前スコア540)

なぜインドへの語学留学を選んだのですか?
うし

いわゆる「発展途上国」といわれている国の環境や人の暮らしに興味があったためです。また、IT関係で特に急成長しているインドに興味があり、行ってみたいと感じました。

また、せっかくの語学留学、英語を学ぶだけでなく日本では絶対にできないような経験をしたいという思いがあり、インドに行くことにしました。

留学前に感じていた不安はどのようなことでしたか?

留学前、特に自分の英語力に大きな不安がありました。工業高校出身であり、英語に力を入れている学校でもなかったので、ほとんど中学校レベルの英語力しかない状態で出発することとなりました(しかも自分にとって初の海外です)。そもそもこの英語力で学校までたどり着けるだろうかと思うくらいでしたが、空港等では単語でコミュニケーションをとりながらなんとかたどり着くことができました。意外となんとかなるものですね。

【勉強面について】

Rosemountでは何を勉強しましたか?それは何故ですか?
教室

Rosemount校では一番下のレベルのクラス(Beginner)からはじめることになりました。授業では英文法を一から勉強することになりましたが、特に自分が力を入れていたのはリスニングとスピーキングです。日本ではほとんど英語で話すことなどなかったため、他の人の話すスピードが速くて聞き取れない&言いたいことが言えない、というのが最初の私の状態でした。文法や単語が間違えていてもいいからとにかく話す、という気持ちで学校では勉強していました。結果、最終的には先生の話す英語であれば問題なく理解できるレベルにはなることができました。(他の生徒の話すことはインド訛りがきつく聞き取れないことも多かったですが・・・)

インド人による英語レッスンと聞いて抵抗がある人もいると思いますが、実際どうでしたか?

他の生徒や街中の人など、インドの人の英語はかなりのヒンディー訛りがあり聞き取りづらかったのですが、先生の英語は非常にきれいで聞き取りやすかったです。また、やさしい先生ばかりなので、英語を間違えることを怖がることなく授業に参加することができました。(若干テンションの高さについていけないことがないではないですが。)

どんな先生がいましたか?

自分は合計で3人の先生の授業を受けましたが、皆さん優しい先生でした。「インドはどう?」「体調崩してない?」と気遣ってくれたり、お勧めのレストランを教えてくれたりと留学生にも慣れている印象を受けました。

【学校生活について】

学校のサポート体制はどうでしたか?
学校前

ホステルが校長の家と同じ敷地内にあり、何かと校長に気を遣ってもらっていました。初日の学校の後のカウンセリングや、顔を合わせる度に悩み事や問題はないか、と聞いてもらっていました。

話すスピードが速く聞き取るのが難しいことを相談した時には、翌日から学校で自分のレベルに合ったクラスを始めてもらうことができました。また、文法の授業が簡単(日本ですでに勉強済みの内容)だったため相談し、スピーキングメインのクラスに移してもらったこともありました。ホステルでの生活について相談することもあり、食事がちょっと辛すぎる、ということにまで対応していただきました。校長や、学校の受付に言えば柔軟に対応してもらうことができると思います。

学校のホステル生活で良かったことは何ですか?

他の国の人と英語で会話をするため、日ごろから英語を使うようになる点がよかったと思います。日常で伝えたい英語を話す良い練習になったと思います。互いに英語勉強中のため、文法は間違いまくり、互いに聞き返すため時間のかかる会話でしたが…それもまた面白かったです。

少し心配だった食事については、ホステルの食事がおいしく、飽きて日本食が恋しくなることもなく一ヶ月をすごすことができました。(もちろん毎食カレーではありましたが…。)

学校のホステル生活で困ったことはありましたか?
ホステルの部屋

困ったことや大変だったことは多くありましたが、一番はルームメイトとの関係です。Rosemountはいつ授業を受けるか選択することができ、私は朝からの授業を、ルームメイトは昼からの授業を受けていたのですが、そのせいで就寝時間にずれがあり、そこが悩みでした。私が寝た後にルームメイトが大声で電話していて起きる、ということが割りと頻繁にあり、結構なストレスになっていました。日本人とすごしているときと同じような気遣いを期待してはいけないと思いました。

どのようにして友人ができましたか?

到着初日(日曜日)にホステルにいたほかの留学生と一緒に昼食を食べにレストランに行きました。ホステルでは朝食と夕食の時間が決まっているため毎日他の留学生と会って話す機会があると思います。

学校では他のインドの人から声をかけられることが多く、休み時間に話したりすることもありました。Facebookで連絡先を交換してホステルにいる時にも話して、観光地やおいしい食べ物について教えてもらっていました!

周囲の学生にはどんな人がいましたか?

学生の多くは20歳前後のインド人でした。驚いたのは文法や単語は知らないのに流暢に話す人が多いことです。どう話そうかしゃべりながら考え、詰まってしまう私からすると不思議なのですが、英語の勉強方法が違うのだと思います。ちなみに生徒の英語の訛りはかなりきつく、慣れるまで全く聞き取れませんでした…。

インドという国や、滞在された州や都市について感じたことを教えてください。

インドと日本の違いに驚いたことは多くあります。街中に信号がないことや、道路が平然と壊れていること(雨季だけだそうですが)、多くの動物(犬、牛、豚、馬、ヤギ、猿 等)が街中を歩いていること…。バイクや車のクラクションでどこにいても騒がしいのですが、皆のんびりと暮らしている町でした。

【その他】

Forest Research Institute
留学先では授業の他に何をしましたか?

休みの日にはデラドゥンの観光に行っていました。ショッピングモール(Pacific Mall)や洞窟(Robber's cave)等の観光地に行きました。デラドゥンでは自然が綺麗なところの観光をおすすめします。

他にも校長の家族と一緒に森や山にドライブにも行きました。また、学校のメンバー(留学生+先生)で寺院を見に行くといったような機会もあり、基本的に休日に退屈することはありませんでした。

私は行きませんでしたが、近くにリシケシやハリドワールがあり、バスや電車で行けるのでそちらの観光に行きたい人にもここはお勧めできると思います。

留学先で楽しかったことは何ですか?

特に楽しかったのはインド観光です。日本とは規模の違うどこまでも続く平原や綺麗な洞窟は見た時にはインドにいることが実感できました。

他にも大変だったことや驚くことに直面した際、日本との違いを楽しんでいました。日本との差は多すぎるくらいある環境でしたから、新鮮な気分で1ヶ月過ごすことができました。

留学先で驚いたことは何ですか?

驚いたことも多くあるのですが、特に印象に残っていることはインドのカースト、貧富の差が激しいことです。マクドナルドでセットを食べると1食で500ルピーする中、ホステルで毎日朝食を作るメイドの人の給料が月1000ルピーだというのにはかなりの衝撃を受けました。車で少し行ったところにスラム街がありながら、ショッピングモールでは日本と同じか、それよりも高い位の値段のブランド物ばかり売っている、というような状況でした。

また、街中に信号がないことも驚きでした。見通しの悪い交差点ではクラクションを鳴らし適当にお互い避けて走るといったような適当なやり方はいかにも自分の思っていた"インド"だと思いました。
大変なことや嫌な気分になったこともありますが、当初の目的通り日本ではできない経験を数多くできたのは間違いないです。

留学先で大変だったことは何ですか?
Forest Research Institute 2

大変だったこともこれまた、たくさんあります…。
まず気温が高く、冷房もないことが暑さに弱い自分としては大変でした。各部屋天井にファンはあるのですが換気がそれほどできるわけでもなく暑いため、基本的に学校から帰った後の昼間は毎日昼寝をしてすごしていました。

停電(電力制限?)はかなり頻繁に起こり、部屋のファンや電気が半分使えなくなっていました。学校で勉強中に皆が見ているモニタが使えなくなることも多く、そういった際には日本の環境のすばらしさを感じました。
食事についてはホステルの食事はおいしいのですが、牛肉、豚肉、生野菜を食べることができず、たまにそれらを食べたくなることがあり辛かったです。(日本に帰ってから一番にステーキを食べて感動しました)

街中の不衛生さや店員の適当な対応、ホステルでWi-Fiが使えなくなる等、色々と大変なことはあったと思うのですが不思議と、インドで過ごしていると割りとどうでもよくなるのか、「インドらしいなぁ」と思うくらいで楽しんですごしていました。日本にいるときのような、時間を常に気にしてすごす、ということがないおかげか穏やかにすごしていたように思います。

Rosemountに留学を決めた方へのアドバイス
  • ホステルでWi-Fiは使えますが電波が弱く速度も遅いです。特に使える範囲は狭く、部屋でなく庭でしか利用できない上、使えないこともあるため、インターネットに接続するほかの手段を入手してからデラドゥンに行くことをお勧めします。
  • 季節しだいだと思いますがデング熱防止のためにも虫除けは必須です。が、近所のスーパーにも虫除けクリームや蚊取り線香は売っています。
  • 授業ではノートにかなり書き込むことになると思います。お気に入りのノートやペンがある人は予備を持っていたほうがいいかと思います。
  • 辛くないもの、さっぱりしたものは基本食べることができません。(KFCの食事でさえカレー味でした…)食べたいものがある場合は持っていったほうがいいと思います。
  • 街中に牛糞が落ちていたり側溝で用を足していたりする人がいる等、基本的に日本と比べて不衛生ですし、近所のスーパーでは賞味期限切れでないものはそもそも売っていません。潔癖症気味の人にはお勧めできません…。
  • 他の人の態度等、日本との違いに直面したときにイライラするのではなく「インドだなぁ」と楽しむくらいの気持ちで行くとより楽しめると思います。全部にいちいちまじめに反応していると疲れるので良い適当さで行きましょう!

【最後に】

Robber's Cave
インド留学するかどうか悩んでいる方に向けて、アドバイスをお願いします。

実際の所インドは日本と違うところも多く、大変なこともあるかもしれません。
ただ、日本でできない経験をしたい方や、日本と全く違う環境に行きたい方にはインドはお勧めです!



お問い合わせはお気軽に

  • 無料留学相談
  • 無料資料請求
  • 無料メール相談
ページの終了